2019年01月19日

受験

世間は、
今日、明日、

大学の
「センター試験」とやらが
あるらしい。。。

「センター試験」って言うものが
何なのか?

私は良く分かっていないのですが、

受験生を抱える家族は、
ピリピリしているようです。。。

希望する大学に
合格して、入学出来るか?出来ないか?って事は、

本人にとっても、家族にとっても、
「一大事」だし、

本人にとっては
人生の中での大きな出来事の一つに
なるのだと思う。。。

「受験」って
子供たちが最初に経験する大きな
出来事の一つなのかもしれない。。。

世の中、
「バカ」よりは、
頭が良い方が得をする事も多いと思うので、

勉強は出来ないよりは
出来た方が良いとは思いますが、

勉強が出来る事と、頭が良いのとは、
ちょっと、違うような気がする。

私立なら、
小学校や、中学校の、
義務教育でもそうだし、

義務教育ではない、
高校、大学に行こうと思ったら、

行かなければいけない訳ではないので、
「受験」があって、
「合格」しなければいけない訳ですが、

頭の悪い私には、
そういう事に何か「違和感」みたいなものがある。

img_f9d8d9e0bb140083a7a6de3abdffbe49296294.jpg

この
私が思う「違和感」みたいなものが
何なのか?って事が自分でもはっきりとは
分からないのですが、

受験で合格する事よりも、
もっと大切な何かって必ずあると思うのです。

ただ、一つ言える事は、

「合格」するために、
努力をする事。勉強する事は
絶対に大切な事だと思います。

ただ、
自分の行きたい学校に入るために、
勉強をして、
「合格」を目指すって事に
どれだけの価値みたいなものがあるのかな?
って思ってしまうのです。。。

色々な事を勉強して、その後、社会に
出て、仕事をする上で、

勉強をしていないと
出来ない仕事も沢山ある訳ですが、

勉強が出来れば、その仕事が確実に
仕事も出来るのか?って言えば、
そうとも限らないし、

だから、勉強が出来る事や、
受験に合格する事と、

頭が良いのとは、
必ずしも「イコール」ではないと言うか。。。

国の重要な部分を動かしているであろう、

色々な機関の
「高級官僚」と呼ばれる人達は、

有名な高校、大学出身者達が多いと
思うのですが、

だから、勉強は、普通の人達よりは、
確実に、出来たはずだし、
しっかり、勉強をして、
レベルの高い学校に「合格」して入っているはず。。。

基本的には、
「中卒」では出来ない仕事ですからね。。。

そんな
「頭の良い」人達が多く集まっているはずなのに、

次から次へと
「問題」が起きる。。。

今、問題になっている、
不正や改ざんなどの問題。。。

普通では考えられない事が、
「頭の良い」人達の集団の中で
起きている。。。

「バカなんじゃないのか?」って事が
普通に起きるのは何でなんだろう。。。

勉強する事と同じくらい、
勉強以外の事も学ばなきゃいけないはずなのに、

「勉強」する事。
「合格」する事。
を重視するから、

頭の良いはずの人達が
「バカじゃないの」て事を普通にしたりするのかな。。。
って思う。

なんだか、変な世の中だなぁ〜。って思う。。。

もちろん、
頭が良いはずなのに、
バカなんじゃないの?って事をする人達
ばかりではなく、

頭の良い人達が、頭の良い人じゃないと
出来ない事をしている事の方が多いとは
思うのですが、

勉強が出来て、高いレベルの学校に
合格して、勉強をして、
その後、社会に出た時に、
その人達が、みんな
必ず、本当に、
やっぱり、頭の良い人は素晴らしい
人だね。。。って事になるか?
と言う事ではない。。。

だから、
やっぱり、
勉強する事も大切だし、
バカより、頭が良い方が良いのですが、
その事と同じくらい、
勉強以外の事もちゃんと学んで、
身につけていかないといけない。。。

逆に言えば、
バカでも、
勉強以外の事を完璧に身につけていれば、

立派な社会人になる事も出来るのだと思う。。。

っと言う
バカな私の考えなんですが。。。
【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 11:27| 独り言

2019年01月18日

ママチャリGP

みなさん、
こんなイベントが行われている事を知っていますか?

ママチャリGP。。。

毎年、
富士スピードウェイ
で開催されているイベントです。

smama_a.jpg



毎年、
「1月」に行われていて、

先日も開催されたようです。。。

「タンジェント」常連さんの

「S太郎」が今年、
このレースに参加したようで、
色々と話を聞きました。

なかなか面白そうです。

富士スピードウェイの
実際のコースを
「ママチャリ」で走ると言うイベントで、

「7時間」耐久レース。。。
今年の参加チームは、
「1000チーム」以上のエントリーがあったようです。。。

0323-1280x853.jpg


来年「2020年」も開催が決定していて、

2020年1月11日に開催されるようです。


っと言う訳で、
チーム「タンジェント」、
参加決定です!!!

「7時間」耐久レースなので、

1チーム「10名」くらいのメンバーが
必要らしいので、

リーダー「S太郎」を中心に、
今から、準備開始です。。。

仲間同士や、ショップ単位、会社の同僚などで、
チームを作って、参加してみてはどうでしょうか?

詳しくは、

http://www.japan-racing.jp/fsw/20/mama_s.html


「タンジェント」は、

これから、
こうしたイベントへの参加など、

色々な企画をしていきたいと思っています。。。

盛り上げていきますよ〜。。。
posted by タンジェント at 11:07| EVENT

2019年01月17日

横綱

横綱「稀勢の里」引退。。。

20190116-00000084-dal-000-14-view.jpg



残念と言えば、残念。

仕方ないと言えば仕方ない。。。

大相撲の力士の中で、

「横綱」と言う立場って本当に、
大変な立場だと思う。。。

ただ単に、強いだけではダメなのが
「横綱」。

勝って当たり前。優勝して当たり前。
みたいな立場で、でも、負ければ、
「横綱」なのに。。。
って言われるし。。。

大相撲の番付では、
あくまでも、最高位は「大関」で、

横綱は最高位とは別の番付と思っても良いもの。。。

大関までの番付は、勝てなければ番付は下がるが、

横綱は「15敗」しても、
番付は下がらない。
その代わりと言う訳ではないが、
勝てなければ
「引退」につながってくる。。。

そりゃー、大変な立場だと思う。
それだけに、「横綱」になると言う事は

「神」の領域と言われるほどでもある。。。

しかも、
「稀勢の里」の場合は、19年ぶりに
誕生した日本人横綱で、

外国人横綱はダメとか言う事では全くなくて、

大相撲の力士の中での
「日本人横綱」は、やっぱり、特別な存在である事は
確かな事。

実際に、
元横綱「朝青龍」も、
日本人横綱
は我々、外国人横綱とは違うと言っている。

昔の戦国武将たちは、天下を取るために
戦ってきて、天下人になる事を目指して、
大変な苦労をしていたが、
実際に、天下人になったら、天下人になった事の方が、
はるかに大変な事だったと言っている。

今は亡き、サーフィン界のスーパーヒーロー
「アンディさん」も、

ワールドチャンピオンになった瞬間から、
孤独になった。
今まで、仲良しだった仲間も、自分も、
チャンプになった時から、
こいつをどう負かしてやろうかと考えるように
なる。。。
みんなが自分の「敵」になる。。。
みたいな事言っていた。。。

頂点に立つって、
この頂点に立つ事ももちろん大変なんですが、

頂点に立ってからの方がもっと大変なんだと思う。。
でも、
その大変さって、頂点に立った事のある人じゃないと
分からない。。。

大相撲のように、日本の国技で、しかも、
長い間、日本の国技である大相撲の横綱に
日本人がいない状態で、
日本人横綱になる事。
横綱でいる事って、
「稀勢の里」にしか分からない苦労があったと
思う。。。

「稀勢の里」の事は良く知りませんが、
人間的にも立派な人なんだと思う。

そうでなければ、
その立場の人にはなれないと思う。

そこそこの立場であれば、
そこそこのレベルの人でも、
なれると思うのですが、

大相撲に限らず、どんな世界でも
「頂点」に行き着く人と言うのは、
やっぱり、
強いとかって事だけではない、
人間的にも、かなり素晴らしい人だけが
「頂点」に立つ事が出来ると思うのです。

逆に言えば
「頂点」に立とうと思うのなら、
強さだったり、上手さだったり、
その分野での技術を磨くのと同時に、

人として
みたいな事も磨いていかなければ
「頂点」には立てないと言う事なのかもしれない。

日本人横綱がいなくなってしまった事は、
相撲ファンの私としては寂しい事ですが、

これから、
日本人力士の中から
横綱が誕生する事を願うばかりです。

そして、
心から「稀勢の里、お疲れ様」。。。
posted by タンジェント at 15:19| 独り言

2019年01月16日

のぼり旗

「タンジプロダクツ(タンジェント)」
では、
多くの
「のぼり旗」のご注文を頂いております。

オリジナルの
「のぼり旗」は、

色々な場面で、「威力」があって、

商売をされているお店では、宣伝効果が抜群です。

昨年末から、年明けにかけて
多くのご注文を頂いたのですが、

その中の一つが。。。

49895723_2281139771937314_1088709411364405248_o.jpg



会計事務所
の「のぼり旗」です。

地元ではしらない人はいない
「畑会計事務所様」です。。。

仕事の内容が内容だけに、
「軽く」ならないように
と言う事を基本にデザインを考えていきました。

会社のイメージカラーが
「ブルー」と言う事なども
含めて、打ち合わせを進めていき、

国道沿いに建物がある事など、

単純に、「のぼり旗」のデザインを
考えていくのではなく、

「のぼり旗」が実際に立った時の事を
イメージしながら
デザインを企画していきました。

オリジナルの「のぼり旗」なので、
デザインは、どうにも出来るのですが、

今回の「のぼり旗」は、
とにかく、「シンプル」に。。。

色々デザインをやりたくなってしまうのですが、
とにかく「シンプル」にと言う事を心がけて
デザインしていきました。

「畑会計事務所様」には、
素晴らしい会社のロゴマークがあるので、

このロゴマークと、
一番に伝えたい事だけを「のぼり旗」にしました。

実際に、「のぼり旗」が出来上がり、
設置いたのですが、

「作戦通り」と言うか、
私が思っていた通りのイメージでした。

担当者さんも、凄く喜んでくれて、
我ながら、良い仕事が出来たと思っています。

今回の案件で、
自分の仕事とは、全く違う
業種の方と打ち合わせなどで、色々と話をしたのですが、
とにかく、勉強になる事が多かったです。

これも、何かの「縁」なのかな。。。と
思いました。

実は、
この会社の社長さんは、

昔から、
私の実家である「床屋」の常連さんで、
私の実家とも長い付き合いがあると
言う事も知りました。。。

そんな事もあり、

私のような者も、最初から、
快く向かい入れてくれて、

企画から、デザインも、ほとんど
お任せしてくれました。

設置に関しても、
任せるから。。。と言って頂けた事に、

本当に信用して頂けたのだと、
嬉しく思いましたね。。。

自分が出来る限りの事を
全力でやった結果、
お客さんが納得してくれて、
喜んでくれたら、最高ですね。。。

「のぼり旗」って、オリジナルウエアーなどとは違って、

「宣伝効果」がないと意味がないし、
単に、格好良いだけではダメなので、

オリジナルウエアーとは、違った
アプローチの仕方があるので、
なかなか難しいのですが、

オリジナルウエアーを作るのと同じように、
お客さんの「懐」に入り込んで、

何を求めているのか?と言う事を
把握し、全力で、取り組んでいけば、
納得してもらえるものが提案、提供出来るのだと
思います。。。

これからも、
タンジプロダクツ(タンジェント)
への全てのご依頼に全力で対応していきたいと
思っています。。。

張り切っていきます!!!
posted by タンジェント at 10:58| おすすめ!

2019年01月14日

やっぱり

みなさん、
ご存知?

静波の「テイラー・ノックス」
と呼ばれているアノ人が、

2019年、年明け早々から、

長期出張のために
「福島」に。

場所は、福島の「南相馬」。

新年の挨拶をしながら、そんな話をしに来てくれたんですが、

この時期の福島は、
水温は低いし、
地元、静岡で、ぬくぬくと育った
静岡サーファーにとっては、

体験した事の無いような水温の低さで
ある事は、分かっていたので、

今回の福島の長期出張の「テイラーさん」
は、
サーフィンは諦めて、
完全仕事モードで。。。
と言う事でした。

ただ、
現場になる所も、
滞在地もかなり、海には近い場所で、

近くには、
福島を代表するポイント「北泉」が近くにある。

と言う事で、
完全仕事モードとは言ったものの、
少しだけ、気になっていた様子。

一応、
参考までに、
何か、情報があれば、お知らせしますよ。。。
と言って、
「テイラーさん」は、
旅立っていきました。。。

数日後、
福島の「キング」に連絡を取り、
情報を仕入れたところ、

今シーズンの福島は、
例年よりも、水温は高めで、

「北泉」周辺のポイントは、
震災、原発事故の影響も今は、すっかり
復興してきていて、
震災前と変わらない感じでサーフィン出来ているとの事
でしたので、

一応、
その事を
「テイラーさん」に報告。。。

すると、数日後に
「テイラーさん」から連絡がぁ。。。

自宅にいる嫁が、
「一式」持って行くから
送ってくれ!
との事。。。

やっぱりね。。。

26169099_1561411373954121_1332654201776940940_n.jpg



やっぱり、気になって、
仕事前や、仕事終わりで、
近くの海をチェックしていたようで、

この時期の福島は、
十分な波は確実にブレイクしているし、

混雑もなく、
水温の低さだけ我慢すれば、

サーファーにとっては、
天国のような感じ。。。

やっぱり、
いくら、仕事とは言え、
休みの時くらいは、波があれば、
サーフィンしたいし、

少しの時間でも海に入れれば、

リフレッシュ出来るし、
大変な仕事でも、
長期出張でストレスがあったとしても
乗り切れると言うものです。

今頃、福島の海で、
気持ち良く波を切り刻んでいる事でしょう。。。





どんな形で、
「タンジェント」として、
出来る限りの事をしていきたいと思っているのです。

お客さん、一人一人に対して、

その人の時間が少しでも
豊になり、楽しくなれば、良いと思います。

常に、そんな店でありたいと思っているのです。

さてさて、
実際に、
福島の海はどうなんでしょうか?

福島が地元の「キング」の言う

今シーズンはそんなに水温が低くない。
と言うのと、

静岡が地元のサーファーにとっての
水温の違い。。。

「テイラーさん」にとって、

耐える事の出来る程度の水温なんでしょうか?

もし、
本来の福島のこの時期の水温になっていたとしたら、

きっと「テイラーさん」から、

「やぁい!バカヤロー」
と連絡があると思うのですが、

今のところ、連絡はないので、

気持ち良く波乗りしている事と思います。。。
posted by タンジェント at 12:04| SURF