2018年08月02日

夏髪

そー言えば、
少し前に、親友でもあり、
取引先のオーナーでもある、

「クリリン」と、ちょっとした話をしていた時の事。。。

元々、この「クリリン」が、なぜ?
クリリンなのか?って事は、またの機会に。。。

私自身は、彼を愛情一杯の気持ちで「クリリン」と呼んでいて、

かなり、気に入っている呼び名なんですが、

本人は、あまり気に入っていないようだ。

本人があまり気に入っていない呼び名と言う事は、
小学生だったら、「イジメ」にあたる可能性もある。

私や、「クリリン」の回りの人も、彼を「クリリン」と
呼ぶものはいなくて、
気が付けば、私だけが、彼を「クリリン」と呼んでいる。

彼も、いい加減、めんどくさいなのか?
私に、「その呼び方やめてくれ!」とも言わないし、
「クリリン」と呼べば、ちゃんと返事もしてくれる。

我ながら、彼の呼び名の「クリリン」は凄く良いと
思うのですが、完全に自己満足状態。。。

そんな「クリリン」と、
ある女性の事で、話をしていたのですが、

その女性、
少し前は、髪が長った。。。
しかし、最近、かなりのショートになった
事に気が付いたので、

クリリンに、何気なく、

あの人、何かあったのかな?
と言うと、

「TNJさん!今時、失恋とかして、髪を切るって
発想、古いですよ。。。」
と言われた。。。

ヤバい。。。完全に感覚が、
昭和だと思い知らされた。。。

とにかく、
今年の夏は、暑い。。。暑すぎるほど暑い。

髪が長いとさらに暑いと言う事は、
私も、身をもって分かっている。。。

だからと言って、
暑いから髪を切ろう。。。なんて、
安易な考えは私にはない。

むしろ、暑いから髪を切った。
って事になれば、
暑さに負けた。。。みたいになるので、
私は、意地でも切らない。少なくとも、
今年の夏の間には切らない。。。

何を言われようが、まだまだ、このまま
しばらくはいくつもりだ。

私が面倒だと思うのは、

髪を切った時に、
「アレ?髪切った?」とか、「なんかあったの?」
とか、「前の方が良かった」「短い方が良いよ」
などと、言われる事こそが、
一番、面倒な事。

あなたは、私にそれを初めて言ったかもしれないが、

私は、あなたに言われたそれは、もう何回も言われた事です。

みたいな。。。

何が面倒かって、それが一番、面倒なんです。。。

まぁ〜、そんな事は、ともかく、
やっぱり、
髪型って、その人の見た目のイメージが大きく変わる
要素の一つで、
髪は、黙っていても、伸びるし、
いつの時代からか?

髪型って、その人の「スタイル」の一部になっている
事は間違いない。。。

もし、
自分のイメージを変えるのであれば、
髪型を変える事が、一番のイメージチェンジ
なのかもしれない。

特に、
女性が、
長い髪を短くすると、
やっぱり、雰囲気が大きく変わるので、

私の「昭和的な」発想も仕方ないのかもしれないと思う。

そんな訳で、

ロングからショートにした時にどれほどの
イメージの違いがあるかを見てみましょう。。。


BBALBAf.jpg


BBALFSZ.jpg


BBALIqO.jpg


BBALx08.jpg


BBARAfU.jpg


BBAROBV.jpg


BBARONv.jpg


BBARSPz.jpg


BBARvds.jpg


BBARWoP.jpg



BBARYGB.jpg


女性の場合は、
髪型が変わる事で、メイクも変わるので、
凄くイメージが変わりますね。

別人に。。。って感じになる人も。。。

どなたが好み???

言っておきますが、

紹介した写真は、世界の「セレブ」達の
ロングとショートの違い。

みんながみんな、
こんな風になるとは限りませんので。。。


みなさんの

夏髪はどんな感じでしょうか?

こういう事も、一つの
夏の楽しみ方の一つかもしれませんね。
posted by タンジェント at 11:28| 独り言

2018年08月01日

差別化

先日、常連さんの
「S石さん」と
お仕事の打ち合わせが。。。

打ち合わせの中で、

「差別化」
みたいな話になって。。。

Fotolia_60748266_Subscription_Monthly_M-1024x683.jpg



商売をしていく上で、

お客さんの方は、
今や、
様々な選択があって、

便利さを選ぶのか?

単純に値段の安さで選ぶのか?

などなど、
選択はとにかく、様々な状況なのが、
今の世の中。

私達のように、
提供する側は、お客さんには、
様々な選択がある中で、
いかに、「自分」を選んでもらうか?
と言う事を真剣に考えていかなければ
いけない。。。

そんな
話をしながらの打ち合わせだったのですが、

理容店を営む、「S石さん」が、

私に、凄く、分かりやすい事を言っていました。

理容業界も、今は、
「安床」と言われる、格安の床屋さんも

街のいたるところにあって、それなりに、
繁盛しているお店もあるようです。

同じように、髪を切るのに、

何故、これだけの値段の差があるのか?
って事を、しっかりと、お客さんに伝えて
いかなければいけない。。。

安く髪を切れればそれで良いと思うのであれば、

「安床」に行けばいいじゃん。。。
と言うだけではなく、

単に、「金額」だけが
「高い」「安い」と言うだけではない、

「何か」をしっかりと、アピールする必要が
あるのだと。。。

はい、店に来た時よりも髪の毛が短くなりましたね。
と言うのと、

店に来て、店から出る時の
「気持ち」「心」の違いがあるんだと言う事まで、

今よりも、もっとアピールしていかなければ
いけない。。。

店に来て、変える時に、
笑顔になっている事。

お金を支払う立場のお客さんの方が、
「ありがとう」って言いたくなるような
接客、対応。

これって、
理容店だけに限らず、
どんなお店でも、同じ事が言えて、

量販店と、プロショップの違いみたいな事。

理容店は、ネット販売のようなところは、
影響はないと思うが、

「物を販売する」と言うところは、

多かれ、少なかれ、
「ネット」の影響は、必ずと言っていいほど、
あるはず。

そうした状況の中での
「差別化」は、かなり、重要な事だと思うのです。

多くの人が、「差別化」と言う事に関しては、
実践はしていると思うが、

それを、もっとアピールしていく事が重要で、

それは、
業界が関係なく、
みんなが
「差別化」をもっと意識する事で、
それが、違う業界であっても、

通じる事だと、多くの人が気づくのだと思う。

私のように、
サーフショップや、オリジナルウエアーの
企画、デザインの中にいる人間が、

ネットや、とにかく値段勝負!みたいな店との
「差別化」
をきちっとアピールしていく事で、

同じ業界は、もちろん、違う業界にも、
その影響は、出てくると思うのです。

そういう状況を知った上で、

何を選ぶか?どこを選ぶか?
と言うのは、
お客さんの方だと思うのです。。。

どんな「違い」があるのか?など、
まだまだ、知られていない事が多いと思うのです。

これからは、
業界が違うから関係ない。
と言う事ではなく、

全く違う業界であっても、

目指しているものが同じであれば、

協力し合える事は、必ずあるはずだと思うのです。

自分が向かおうとしている目標が、同じ方向であれば、
リンクする事も必要なのだと思う。。。

これって、
単に、
仲良しグループで
いきましょう!と言う事ではなく、

自分は、自分で、自分の出来る事を
きちっとやる。アピールする事はアピールする。

それが、
いずれ、
自分と同じような思いを持った人にも
繋がっていく事だと思うのです。。。

そんな
熱い打ち合わせをした次第です。。。

熱い気持ち。
熱い心。
を持っていれば、
それは、きっと、
相手にも、伝わると思います。。。
posted by タンジェント at 11:15| 独り言

2018年07月30日

ファーストクラス

飛行機には乗った事はあっても、
「ファーストクラス」
に乗った事はない。

と言う人がほとんどでしょう。。。

たまに、
飛行機会社の手違いなどで、
ラッキーにも、
ビジネスクラスに乗れる事はあっても、

ファーストクラスにはならない。。。

私も、一度、
オーバーブッキングがあって、
エコノミークラスから、ビジネスクラスに
なった事がありますが、

そりゃー、
ビジネスクラスだって、

「快適」そのもの。。。

「NOストレス」ですよ。

でも、
飛行機には、
「ファーストクラス」って言うのがある。
まぁ〜、
一生、府飛行機のファーストクラスに
乗る事はないと思いますが、

ファーストクラスって、
こうなっているんですね。。。

BBL3Rlq.jpg


もはや、
ホテルの一室のような。。。

BBL3Uc2.jpg



えぇ???
完全に横になって寝れちゃうんですか。。。

BBL3YPQ.jpg


一度でもファーストクラスに乗ったら、
エコノミーなんて、
二度と乗れないですね。

人間、
一度、
良いものを味わってしまったら、
それよりも、
レベルを下げるのが難しい。。。

ファーストクラスって、
単に、飛行機の座席が違うと言うだけではなく、

自宅を出発して、空港の待合室も違うし、
全てがスペシャル。。。
それがファーストクラスらしいです。

私にとっては、

ファーストクラスって
「○○らしい。。。」
と言う事しか出来ません。

実際に、
ファーストクラスって
「○○なんだ。。。」と言う事はできないでしょう。
逆に、
私の場合は、

日頃の行いの悪さのせいか?

3つある座席のうちの
真ん中で、両脇には、
外国人の体のデカい人が座ってしまうパターン。。。

そういえば、
私が飛行機に乗って海外に初めて行ったのは、
も、
30年以上前の事。。。

その頃は、
飛行機の中でもタバコが吸えたような。。。

喫煙席は、後ろの方にあって、飛行機の中で
いつでもタバコが吸えた記憶がある。。。

今じゃ、とても考えられない。。。

もしかしたら、
ファーストクラスなら、
タバコが吸えるのだろうか?

まぁ〜、私のような
庶民中の庶民派、
一生、ファーストクラスに乗る事はないし、
もし、万が一、ファーストクラスに
乗れるような立場になったとしても、
私は、あえて、
エコノミーに乗るぞ!
と、強がってみる。。。

しかし、
8時間以上のフライトを経験した人なら
分かると思うが、

エコノミークラスの
「8時間」以上のフライトはきつい。

私が思うに、
エコノミークラスの場合は、

「6時間」までと言う感じがする。。。

かつては、
毎年
4〜5回、アメリカ・カリフォルニアで、
仕事のための打ち合わせがあったので、

8時間以上のフライトが当たり前だった。

空港での待ち時間から、フライトの時間、
へたしたら、遅れなどもでる場合がある。

その時間は、苦痛でしかなかった思い出がある。

数年に一度とか、たまにだったら良いのかもしれないが、
年に数回のこの時間は、嫌になってくる。

その時の
苦痛みたいな事は、今でも、体が覚えている
ような気がする。
だから、

私の、毎年、恒例の営業の旅で、
車中泊したりするわけですが、

エコノミーに比べたら。。。
と思うと、
車中泊は、快適そのものなのです。。。

私は、車中泊をする時には、
いつも、
飛行機のエコノミークラスに比べたら
と思いながら
車の中で眠りにつくのですが、
そんな事を思いながら、寝ると、
なぜか?ぐっすり寝る事が出来るのです。。。

私が
飛行機のファーストクラスに乗る事はなくても、

私には、
立派なファーストクラスがあるんだ!
と言う事を心に、
これからも、
生きていくのだろうと思う。。。
posted by タンジェント at 18:29| 独り言

2018年07月29日

コング

我こそは
「ベテランサーファー」だ!
と言うサーファーであれば、

必ず知っているサーファーの一人。

「コング」の愛称で知られた
「ゲイリー”コング”エルカートン」

37578820_1953684828016733_3069598630936576000_n.jpg


「コング」が全盛期の頃は、

「トムカレン」「トムキャロル」
が偉大で人気者過ぎたので、
少し陰に隠れてしまっていた感じはするが、

コングのパワーサーフィンのファンは少なく
無かったと思う。

コングが全盛期の頃、
私の地元にもコングは来た事があって、

後から聞いた話では、

私の地元のサーフショップが
コングをサポートしていたとか。。。

今、考えれば凄い事だ。

コングは、今、何歳になったのだろう。
50歳くらいかな。。。

今も、バリバリの現役らしい。。。

今は、
「マウントウッジ」のサーフボードに
乗っているですね。。。

このサーフボードブランド、
実は、私も、一度乗った事があって、

豪州に住んでいた頃に、
最初に、豪州で買ったサーフボードが
マウントウッジのサーフボードでした。

当時は、
若手ナンバーワンと言われ、
将来のワールドチャンプになるだろうと
言われていた
「ニッキー・ウッド」が
乗っていたサーフボードとしても、
知られていて、
人気のサーフボードだった。

「ニッキー・ウッド」は、
いつの間にか、
一戦からは消えてしまっていて、

今は、どうしているのだろうか?

「コング」のサーフィンは、

昔は、ライバルの
「トムカレン」と比べられる事が多く、

「トムカレン」のスタイリッシュでスムーズな
「格好良い!」サーフィンに対して、

「コング」のパワーサーフィンは、
格好良いという表現よりも、

「凄い」と言う表現がぴったりの
サーフィンだったと思う。

見た目も、「トムカレン」の格好良さとは違い、

「ザ・ワイルド」と言った感じのコングで、

全てが対照的だったと思う。。。

なんか、
昔のトップサーファーは、みんなが、
自分だけのスタイルがあって、

本当に個性的で、それは、
見た目も、サーフィンも、
自分だけのオリジナルを持っていた感じで、

全てが格好良かった気がする。。。




今、こうして、
改めて、見てみると、

凄い、古さみたいなものは感じるが、

古き良き時代。。。
って感じもする。

昔は、
「丸井」が冠スポンサーで、
新島や、部原などで、

世界ツアーの試合をやっていたんですもんね。。。

バブリーだった時ですね。。。

今のように、
簡単に、映像を見る事も出来なくて、

同じビデオを何度も繰り返し見た記憶が
ありますね。

見ているがギャラリーも
バブリーな感じがしますね。。。

昔は良かったなぁ〜。
などと言うつもりは全くないですが、

でも、
この頃は、自分も高校生くらいで、
本当に、楽しくて、仕方なかった時ですね。。。
その時代がヒーローが
まだまだ、現役バリバリでサーフィンしているの
って本当に、格好良いと思いますね。。。

やっぱり、
目指すところは、

ここだよね!
って思います。。。

生涯現役で張り切っていきましょう!!!
posted by タンジェント at 11:39| SURF

2018年07月28日

高校野球

いやぁ〜。。。
昨日の高校野球、
静岡県大会の決勝。。。

感動したね。泣いたね。

結果は、常葉菊川が優勝。。。

おめでとー!!!

h-1.jpg


それにしても、
凄い試合でした。

リードしては、追いつき、
逆転しては、追いつかれ、
そして、また、追いつき、逆転。。。
の繰り返し。

凄かった。。。

20180727.jpg

この
スコアーボードを見れば、
この試合がいかに凄かったかが分かりますね。。。

これで、
夏の高校野球、
静岡県大会の日程は、全て終了して、

常葉菊川が、静岡県代表として、
甲子園に出場。

是非、全国の舞台で頑張って欲しいですね。

しかし、
各都道府県の代表を決める、
地域予選、この地域予選の
決勝戦って、

ある意味、甲子園に出場して負けるよりも、
残酷と言うか、

正に、
勝てば天国、負ければ地獄
みたいな感じがします。

見ている方は、素晴らしい試合だった。
良く頑張った。
両校に拍手!
なんて簡単に言いますが、

そんな簡単な事ではないような気がする。

勝って甲子園行を決めたチームは、
マウンドで選手みんなが集まり、
抱き合って喜んでいる。

そのすぐ横で、負けた方の選手は、
座り込んでしまって、動けないでいたり、
泣きじゃくったりしている。

この光景って、

ボクシングや、格闘技の試合の光景に
似ている気がする。

勝った方は、チャンピオンベルトを巻いてもらい、

そのすぐ横で、立ち上がれないでいる選手がいて、
へたしたら、治療を受けたりしている。

この
天国と地獄みたいな
真逆の
2つが、同じ場所で、重なり合っていると言う
残酷さ。。。

これを見ていると、

簡単に、
良く頑張った。素晴らしい試合だった。
などと、簡単には言えないような気持になりますね。

たぶん、
こうした経験をした人は、

本当に強くなれだろうし、
心が豊かになれると言うか、

大きな人間になれると思う。

誰もが経験出来ることじゃないし、
経験したくても、出来ない事だと思うし、

素晴らしい大人に成長していくのだと思う。

夏の高校野球って、
特に、3年生は、
負けたら、そこで終わりで、

引退するので、

その緊張感と言うか、

特別な雰囲気があるので、

だから、

えぇ!!!こんな事ってあるの?
って事が
試合の中で起きたりする。
それが、見ている方は、
面白いと思えるのかもしれないが、

面白い試合だった。。。みたいな
言い方って、
何か、選手に凄く失礼な感じがする。。。

もっと言えば、
素晴らしい試合だったって言い方だって、
時には、失礼なのかもしれない
なんて思ってしまう。

決勝戦の解説者、アナウンサーが言っていましたが、

言葉にならない。。。

これが
本当だと思いますね。。。

本当に、なんて、言っていいか?
わからない。。。

どっちにも勝たせてあげたい。
って思ってしまうほどの
試合でした。。。

感動をありがとう。。。
posted by タンジェント at 11:23| 独り言