2018年12月03日

サーフィン

たまには、

このコーナーで、
「サーフィン」の事も話題にしないと。。。

と思いながら、
サーフィンの話題は、ほとんど出ないこのコーナー。

波情報や、
コアなサーフィンの話題は、

色々なブログや、波情報サイトなども
たくさんあるので、

私が話題にする必要もないかな。。。
と思っているのです。

でも、
一応、私も長年、サーフィンをしているし、
サーファーだし、

サーフィン業界にも20年以上いる訳だし、

たまにはね。。。
って事で。。。

で、
世界のサーフィンって、
ここ数年の間に、
とんでもなく進化している事は
間違いない。。。

世界のトッププロサーファー達の
サーフィンって、

「次元」が違うと言うか、

昔では考えられないような
サーフィンなんです。

完璧!パーフェクト!
と言えるような波を人工的に作る事も
出来るようになって、

今後、さらに、
サーフィンは進化していくんだと思う。

それと、同じように、

ビックウエーブに対しての
チェレンジが、とにかく、
ハンパない。。。

サーフィンが、マイナースポーツから、
オリンピックの正式種目になり、
メジャースポーツになろうとしていて、

そうなると、
サーファーは、
他のスポーツ選手と同じように、
「アスリート」として、
スポーツ選手としての立場になっていくんだと思うのですが、

それとは、
別に、

「ビックウエーブ」にチェレンジする
サーファーは、

スポーツ選手と言うよりも、

「冒険家」に近いような存在になっていっている
ような気がするんです。

アスリートのように、
試合に勝った、負けたと言う事よりも、

「チャレンジ」する事に
価値を見出すと言うか。。。

もっと言えば、

言い方は正しいか、分からないが、

そこには、何か、

「宗教的」な感じさえあるような気がするんです。

もちろん、、昔から、
「ビックウエイバー」と呼ばれるサーファーは、
沢山いたと思うのですが、

最近の
ビックウエーブのレベルが

とにかく、ハンパではない。。。

ジェットスキードライバーの
コンビになって、波に乗る、

「ツインサーフィン」が出て来てから、

パドルではテイクオフ出来ない波にも、
乗れるようになった事で、

さらに大きな波にもチェレンジする事が
出来るようになった。

そうなると、
逆に、
ジェットスキーを使わずに、
パドルだけでどれだけ
大きな波に乗れるか!って事にも
チャレンジするビックウエイバーも出てきて、

ビックウエーブに対するアプローチのレベル、
どんどんに上がっていくと言う、

良いのか?悪いのか?

相乗効果で、レベルは上がって行く一方
のような気がする。。。

「マーベリック」





映画にもなってビックウエーブのポイントでは
昔から、有名なポイントで、

ここには、
多くのビックウエイバーが存在している
歴史のある場所である。

ハワイ、マウイの
「ジョーズ」も凄いポイントです。



そして、
ここ数年で、一気に
知名度がアップして、

世界でもナンバーワンの
ビックウエーブのポイントになった

ポルトガル 「ナザレ」




ここまでくると、
サーフィンと言うスポーツでは
ないような気がしてきますね。

どこの
ビックウエーブポイントでも、

驚くのは、

その時に、
その波に、チャレンジしているサーファーが、

一人、二人ではないと言う事。。。

ピークには、
多くのサーファーが
ラインアップしているのです。

もちろん、
中には、とんでもない
ワイプアウトをしている人もいるし、

ゲットの途中で、

セットの波を喰らっている人だっている。

完全に、
「死」と隣り合わせである事は

映像を見ただけでも分かる。。。

登山家が、
エベレストや、K2
にチェレンジして、
実際に、死んでいまっている人も沢山いるのに、

それでも、
そこに
チェレンジする人は後を絶たない。。。

何でなんだろう。。。と言ったところで、

そういう世界にドップリと入り込まない
限り、
その世界の事は理解できないのだと思う。。。

そんな事を考えると、

私が
「宗教的」な。。。と言うのも
納得できるのかもしれない。。。

とにかく、凄い世界です。。。

もし、
俺は、
ビックウエイバーだ!
なんていうサーファーがいるとしたら、

今や、
世界基準のビックウエーブが、
こういう状況になっていると言う事を理解した
上で、

もう一度、
俺はビックウエイバーだ!
と言えるのか?
どうか、考えた方が良いかもしれない。。。
【SURFの最新記事】
posted by タンジェント at 11:58| SURF

2018年12月02日

批判

何かに対して
「批判」するのであれば、

それなりの覚悟が必要なのに、
最近は、

多くの人が、
簡単に「批判」をするように
なっている。

4dfb9cf5.jpg


私の大好きな人で、
尊敬する人の一人である、

「たけし様」は、

「批判」するなら、自分でやってみろ。

と言っている。

確かにその通りだと思う。

なにかにつけて、

「批判」や、「クレーム」
などを言う人って、

「批判」することで、

自分が、「優位」な立場に立ちたい
だけなんじゃないか。。。
って思う。

人に対してや、
何かを批判することって、

自分が優位な立場にたって、
その立場が心地良い感じに
なっているだけで、

特別、
しっかりとした意見があったり、
覚悟があったりする訳ではない。。。

何かにつけ、
「クレーム」をつける場合も、
似たような事だと思う。。。

先に言った者勝ち

みたいなところがあって、

文句言った者勝ち。。。
みたいな流れって
どうなの?
って思う。。。

「批判」「クレーム」「文句」
を言う前に、

もう一度、ちゃんと、考えてから。。。
って言う余裕みたいな事を
一人一人が持つ事で、

「批判」「クレーム」「文句」って
もっと減るんじゃないか。。。って思う。

まず、「ありがとう」の感謝の
気持ちを持つ事は、凄く大切な事だと思うのだが、

まず、
「批判」。。。
みたいな最近の流れ。。。

そういう時代なんだ。。。
って言ってしまえばそれまでなのですが、

それって、
何か、嫌な感じですね。。。

でも、
最近の流れは、確実に、そういう流れに
なってしまっているから、

「クレーム」がある事をベースに、

クレームがあった時の対処法
みたいなマニュアルがあったりして。。。

この間、ラジオで、

クレームの対処方は、

「D言葉」ではなく、
「S言葉」で対応しましょう。。。
なんて事を言っていた。

「D言葉」。。。

「でも・・・」
「だから・・・」
「だって・・・」
は、
火に油を注ぐ事になってしまうので、

「S言葉」。。。
「失礼しました」


みたいな事で対応するのが良いらしい。

結局、
自分は相手よりも、

下の立ち位置なんですよ。。。
って事をアピールする事で、

その場を上手く納める事になると言うのですが、

確かに、その場をとりあえず、
納める。
って事を考えればそうなのかもしれないが、

結果、
多くの人がそういう事をする事で、

「批判」「クレーム」「文句」

を言う人が増えると言うか、
調子に乗るというか。。。

なんか、嫌な時代ですね〜。
って思うんですが。。。

でも、
自分だって、気を付けないと、
同じような事をしてしまっているので、

まずは、自分自身が気を付けて、

平和で、楽しい
世の中を作っていきましょう。。。

「批判」「クレーム「文句」
よりも、

「褒める」「感謝」
をしていこうではありませんかぁ。。。
posted by タンジェント at 11:18| 独り言

2018年12月01日

ものまね

「芸」
を持ってる人って本当に凄いよな。。。
って思うんです。

その
「芸」を自分の仕事として、

プロとして活躍している人って、
本当に凄いと思う。

色々な
「芸」がある中で、

「ものまね」芸人って、
凄いと思います。。。

ここ最近、TVで、

「ものまね王座」や、
「細かすぎて」

ものまね番組を見る度に、

単純に、面白い!って
事だけではなく、

凄い!って思うんです。。。

私の一番のお気に入りは



この人、
プロのものまね芸人ではないみたいなんですが。。。

でも、
昔からの
プロ野球ファンだったら、
絶対に好きなはずです。




プロのものまね芸人って
たくさんいると思うんですが、

前々から、私の一番のお気に入りは




ナンバーワンだと思いますね。。。

かなり、マニアックなところだと
この人




とにかく、面白いんですが、
ものまねのクオリティーも
ハンパないですね。。。

ものまねが出来る人って、

ものまねする人の
観察力と言うか、
それが、優れているんだと思います。

私が思うに、
「絵」を描くのが上手い人って言うのは、

風景だったり、その物だったりを
「見る」力が優れているんだと思います。

それは、
ものまねも同じで、

自分が見たものを
どれだけ完璧に、
自分の中に取り込んで、

あとは、
それを、どんなふうに表現するのか。
って事だと思うんです。

良く、
「絵」が下手なんだ。。。
って人は、

描こうとしているものを
ちゃんと見れていないんだと思うんです。

あとは、
それを、実際に、どう描くか?
って言うテクニックの問題だと思うんですが、

ただ、
ものまねの場合は、

自分自身の元々の姿や、声が
関係してくるので、

「真似る」って事は、
簡単ではないと思うんです。

まずは、真似る人を完璧に、
インプットして、
でも、インプット出来たとしても、

それを全て
表現出来るか?って言っても、
限界ってあると思うのですが、

ものまね芸人の人って、

それを、表現し、
さらには、楽しませると言う
凄い事をやっているのだと思うのです。。。

単に、

似てるね〜。面白いね〜。
ではない
凄さが、
そこにあると思うんです。。。
posted by タンジェント at 17:52| 独り言

2018年11月30日

離婚。卒婚。

今日で、
11月も終わり。

2018年も残り、
1ヵ月。。。

12月は、忘年会など、色々と、
イベント事が多い月なので、

一気に過ぎていってしまいます。

12月と言っても、
今年は、まだ、暖かい日が多いので、

なんだか、ピンとこない感じも
するのですが、

確実に、2018年も、残り僅かになって
きています。。。

そんな中、

相変わらず、TVのワイドショーの
ネタは、尽きませんね〜。

「元、横綱・貴乃花」夫婦の離婚騒動。。。

e1d3739fe19fc889f001c891920eb43720171207135857838.jpg



「元貴乃花」は、
離婚について、

「結婚生活」を卒業する。。。

みたいな言い方をしたもんだから、

「卒婚」
なんて言葉
あちこちで聞くようになった。。。

なんなんだよ。。。?
「卒婚」って。。。

これがきっかけで、

世の中の
一般の人達も、

「卒婚」
なんて事を言ったり、
考えたりするのかもしれない。。。

少し前は、

「熟年離婚」なんて言葉も流行って、

今や、「熟年離婚」は
特別な事でもないような感じになっている。

私は、
「離婚」経験がないので、

良く分かりませんが、

聞くところによると、

「結婚」よりも、

「離婚」の方が大変だ!などと聞きます。

他人同士が、「結婚」によって、

その日から「家族」になるのですから、

そりゃー、
色々な事があると思います。

10人10色
ですからね。。。

「結婚」も「離婚」もそうですが、

「結婚」して、
「離婚」したからと言っても、

特別、何か悪い事をした訳でもなければ、
もちろん、犯罪でもないのですから、

それほど、
大騒ぎしなくても。。。って思うのですが、
相変わらず、
TVのワイドショーでは、
芸能人、有名人の
「離婚」
と言う話題には
飛びつきますね。。。

何故なんでしょうか?

他人の家族の事、夫婦の事で、

特に、
「別れる」「別れない」
って話は、

よほどの事がない限り、
他人がとやかく言う事でもないだろうし、

それを、面白おかしく、ある事、ない事、
TVなどで、話題にする事でもないような
気がするんですけどね。。。

まぁ〜、
そんな事を言いつつ、

私も、このコーナーの話題にしちゃってるんですけどね。。。
posted by タンジェント at 10:54| 独り言

2018年11月29日

映画
「ウォール街」の中で、

「マイケル・ダグラス」
のこんなセルフがぁ。。。

大事な事を言います。
「欲」と言うと聞こえは悪いですが
実は良い事なのです。。。

確かに、その通りだと思います。

4988707291555.jpg


「欲」と聞くと、
あまり聞こえは良くないような
気がするが、

でも、
逆に、
「欲」のない人はいないと思うし、

「欲」があるからこそ
生きている
って事のような気がします。

色々な
「欲」がある中で、

人間の「三大欲」が

*食欲
*睡眠欲
*性欲

と言われている。

sandaiyoku.jpg



人が持って生まれた
三大欲らしいのですが、

生きていく上で、
とても重要な「欲」であるらしい。。。

確かに、

この三大欲が全くない状態で、
「生きる」って事はあり得ないのかもしれない。

「欲」って言うものは、
「生きる」事に直結していると言う事
なのかもしれない。。。

そんなふうに思ったりもします。

「食欲」。。。

thum_3840.jpg


食べなければ生きていく事は出来ないし、

「食欲」があまりない。と言う状態の時は、
体が正常な状態ではない事が多い。

野生動物は、食べる事、「食欲」
に費やす時間がほとんどだと言われている。
食べる事にほとんどの時間を費やして生きているのが
野生動物で、
それこそが、本来の動物の姿なのかもしれない。


「睡眠欲」
que-11140921731.jpg

寝る事も、
生きていく上では絶対に必要な事である事は
間違いない。

長時間、寝ない事で、
精神状態は異常になるし、
体にも異変が起こったりもする。

何十時間も、強制的に
寝れない状態にさせられると、
「死」に至る事もあるらしい。

「性欲」
i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FGrapps%252F2018%252FGrapps_157519%252FGrapps_157519_1806iStock-903011088_1.jpg


基本的に、
人間以外の動物は、

「子孫」を残すため以外の目的で、
「セックス」をする事はないらしい。

自然界の中で生きている野生動物は、
常に、「危険」がつきまとうので、

「子孫繁栄」のためだけに
「交尾」をするらしいのですが、

その時間は、最も無防備になるため、

「子孫」を残す目的以外では
「交尾」はしない。

自然界では、その時間は一番
「危険」な時間らしいのだ。。。

動物の中で、
人間だけは、かなり安全なので、

「子孫」を残すためだけではない、
「性欲」があって、

人間だけは、
この
「性欲」

対人関係などを形成する上で、
凄く重要らしい。

人間って、動物の中でも、
凄く特殊な動物らしいのだ。。。

これらの
三大欲
は、常に、一定の割合で、
持っているわけではなく、

成長するにつれて、

その割合は変わってくるらしい。。。

これらの
三大欲以外の色々な欲も、
複雑に絡み合って、

その時、その時で、

自分の中で、
どんな「欲」が今、自分に一番必要なのか?
って事で、
生きているみたいなんですね。。。

特に、
「三大欲」
と言われる「欲」

あまり、欲してこなくなると言う事は、

イコール、
「死」に近づいていると言うか、

自分の寿命に近づいていると言う事
のようです。。。

確かに、
歳を重ねる事で、

色々な「欲」はなくなってきたりもする。

逆に、言えば、

歳をとっても、

「欲」のある人って、

元気で、
「寿命」はまだまだ先の事。。。って
感じがする。。。

そんな事を考えると、

やっぱり、

「欲」と言うのは実は良い事なんです。

と言うのも
分かる気がする。。。

三大欲はもちろん、

色々な「欲」に対して、

常に、
「欲張り」でいる事って、

聞こえは悪いかもしれないが、

悪い事でもなんでもなくて、

むしろ、
凄く良い事だと言う事なんですね。。。

もっと、もっと、

欲張って生きていきましょう!!!
posted by タンジェント at 12:33| 独り言