2018年04月05日

MICKさん

間違いなく、

世界のサーフィンを引っ張ってきた
一人である

「ミック・ファニング」。。。

今日、
終了した
ベルズビーチでコンテストを最後に、
引退です。。。

結果は、
ファイナルまで進んで、

現役、最後の試合を
「優勝」で!
と思った人も多かったと思いますが、
ファイナルの相手は、
「ブラジリアン」の。。。

ミックさん、惜しくも、負けてしまって、

2位フィニッシュ。。。

プロサーファーの中にも、

ミックさんのサーフィンが好き!って人も
多いし、

もちろん、
一般サーファーも、ミックさんのファンは多い。。。

とにかく、
ミックさんのサーフィンて、

ミックさんにしか出来ないサーフィンスタイルが
満載で、
サーフィンのレベルをとてつもないレベル
引き上げたサーファーの一人である事は間違いない
と思う。



サーフィンの
早さは、今でも、
ナンバーワンだと思うし、

ミックスタイルと呼ばれる、

波のトップでの
あの
「カーヴィング」。。。

あれは、
絶対にミックさんにしか出せない
スタイルだと思う。。。



地元、オーストラリアでは
絶大な人気を誇るミックさんなので、

今後は、どんなふうに生活するのでしょうか?

たぶん、
リップカールに携わる何かをしていくのだと
思うのですが、

コンテストシーンから、
ミックさんがいなくなるのって、
物足りないと言うか、
少し、寂しい気もしますが。。。

昨シーズンで引退した
「タジさん」もそうだし、

同じくらいの世代のオージーサーファーが
また一人、コンテストシーンから
去ってしまって、

寂しいですね。。。

世代交代ってヤツなんですかね。。。
posted by タンジェント at 15:07| SURF

2018年04月01日

異次元。。。

ちょっとこれは、

考えられないサーフィン。。。

https://www.facebook.com/WSL/videos/10154543156797058/

「ジョーディーさん」

マーガレットリバーでの
ライディング。。。

テイクオフから、

ガッツリ、深いチューブに入り、

抜けてきてからの

エアー。。。

エアーの高さもハンパないし、

完璧にメイクしてるし、

映像は、そこで、
終わってしまっているけど、

たぶん、

エアーをメイクしてからも、
ライディングは続いているような感じ。。。

これが、
最先端のサーフィンなんだ!
と言う事になると、

私がやっているのは、

サーフィンではないのかもしれない。。。
なんて思ってしまう。。。

これが、
サーフィンだから、サーフィンをしない人には、
どれくらい凄い事なのか?
って分かり難いのかもしれないが、

現在の陸上「100M」の世界記録が、
「9秒68」。

陸上100Mで言えば、

このサーフィンは、
「8秒台」で走ってしまったくらいの感じでは
ないのでしょうか。。。

もちろん、
エアーもとんでもなく、凄いのですが、

テイクオフしてからの
チューブだって、物凄い。。。

あれくらいの感じで
チューブに入っているくらいだから、

波のサイズだって、まぁ〜まぁ〜のサイズ。。。

あれだけ、すっぽりと入れるような
波なのだから、
波のコンディションだって、

一般のサーファーにとっては、
シリアスな状況なんだろうと思う。。。

普通だったら、

ビックエアーをかますような波のコンディションでは
ないんじゃないか。。。って思う。。。

最近のサーフィンは、
エアーや、回転系の技や、スピードなど、
とにかく、進化が凄い。。。

そして、少しジャンルは別になるが、

ビックウエーブへのアタックも、もはや、
サーフィンと言うレベルではなく、

冒険的な感じになっている。。。

とにかく、
世界のサーフィンは、とんでもない事になっている
ような気がする。。。

どーなってしまうのだろうか。。。?
posted by タンジェント at 15:31| SURF

2018年02月23日

Wade Carmichael

たまには、
サーフィンの話題も。。。
って事で、

私の注目しているサーファーの一人。

この男。

VisslaP-Pro-Surfer-and-homegrown-talent-Wade-Carmichael-is-one-to-watch-in-the-Vissla-Pro-Avoca-Beach-which-kicked-off-on-March-8-photo.jpg

オージーの
「WADE選手」

今シーズン、
念願の「CT」入りした選手。

ずっと「QS」をフォローしていて、
結果は出してはいたようですが、

もう少しのところで
「CT」入り出来ずにいた。

ヒゲ面の大男の「WADE」は見るからに
インパクト「大」です。

今の「CT」選手にはあまりないタイプの
サーファーだと思う。

あまり、メディアでの露出は多くないのですが、

見た目の「ワイルド」さそのものの、

「パワーサーフィン」が特徴的な
サーファーですね。

_-Heff_D2U8409.jpg


「格好良い」
とか、
「派手」
と言う感じのサーフィンと言うよりも、

「凄い」と言う感じのサーフィンで、

女性ウケする感じでもないし、
一般ウケする感じでもないかもしれないが

玄人サーファーからは
多くの支持を受けているようだし、

注目されているようです。



冬季オリンピックが盛り上がっていますが、

サーフィン界も、
もうすぐ、
「CT」第一線が始まります。

一戦目は、
オーストラリア、ゴールドコースト。。。

真夏のオーストラリア。。。
いいですね〜。。。

「ジョンジョン」や、
「キング、ケリー」
も気になるところですが、

「WADE」には注目していきましょう。。。

辛く、厳しい「冬」もそろそろ、
終わって、

いよいよ、
シーズン到来!と言う感じ。。。

テンション上げていきましょう。。。
posted by タンジェント at 11:25| SURF

2018年01月18日

パドル

昨日は、
一日「雨」
時折、強く降ったりもしました。

夜遅くには、低気圧は抜けていき、

今日は、朝から「晴れ」。

この時期、
雨が上がった後は、

思いっ切り冬型の天気になり、
北風が吹き、寒くなるパターンなのですが、

なぜか?
今回は、それほど風も吹かず、

暖かい日です。

低気圧が抜けていったので、

「波」が上がる事は予想出来ていたので、
朝から、海に「GO」です。

寒くないと言うよりも、
暖かく「春」のような感じで、

朝から海に行くのも、全く苦にならない感じでしたので、

張り切って「GO」。

思ったよりも、
サイズアップはしていないものの、

十分なサイズの波がブレイクしていたので、
すぐに着替えて

入水しましたが、

私のお気に入りのポイントは、
前日降った雨のせいか?

かなり水温低め。。。でも、
この冷たさも、外気が暖かいせいで冷たく感じるだけ。
と思いきや、

異常に冷たい。。。まずは、
この冷たさに
「やっつけられた」感じ。。。
そして、
水温の低さよりも、もっとやっつけられたのが

「カレント」。

異常なほどの「カレント」が入っていて、

ひたすら「パドル」。

パドルし続けて、やっと、その位置をキープ
出来る感じ。

とにかく、ずっとパドルしていなければいけないので、

いざ、波が来ても、
体力を使い果たしてしまっていて

波に乗れないパターン。。。

結局、その繰り返しで、

大して波にも乗れず、でも、
パドルだけは思いっ切りやって
撃沈状態で本日のサーフィンは終了。。。

改めて「パドル力」の重要性を感じました。

「パドル」は大切です。

076aca728ba6982ffa51ab2fe6a3e36f.jpg


サーフィンをしていて、

「ボトムターン」がどうとか、

スピードがどうとか、

ターンが。。。とか。。。

サーフィンのライディングの事を
どうこう言う前に、

やっぱり、
「パドル」なんですね。。。

しっかりとした「パドル力」があってこそ、

波に乗れる訳で、

「パドル力」があれば、
良い波にも乗れるし、沢山の波にも乗れる。

波の良いポジションからも乗れるのです。。。

やっぱり、
「パドル力」がサーフィンの原点だと
痛感しました。

1d169d18.jpg

サーフィンが上手いサーファーは、
やっぱり、
パドルが早いし、
強い。

もっと
「パドル力」をしっかりと身に着けていかなければ
いけないですね。。。

「パドル力」って、
もちろん、
日頃のトレーニングをする事で
マイナスになる事はないとは思いますが、

「パドル力」をつけるには、

「パドル」をとにかくする事。

「パドル力」はパドルをする事でしか
力はつかない。。。

と言うのが、私の持論です。。。

それも、
冬シーズンの間にサーフィンする事で、

「パドル力」は確実にアップすると思います。

冬用のウエットスーツを着て、
サーフィンする事は、やっぱり、
体への負担は大きい訳で、

言うなれば、
「パドル養成ギブス」のような。。。

こういう地味な積み重ねこそが、
「パドル力」アップの近道であり、

サーフィンのレベルアップの近道なのだと思います。

それを、楽して、
上手くなろうなんて、やっぱり、
甘いのですね。。。

波は、良い悪い、
波が小さいとかは関係なく、
ウエットスーツを着て、
まずは、パドルする事。。。

すごく
大切な事だと言う事を改めて実感しました。。。

そんな訳で、
「タンジェント」は
冬シーズン、サーフィンを頑張るサーファーを
応援していきます!
と言う事で、

セミドライスーツ、
オーダーフェアー開催中!!!

ウエットスーツのフルオーダーチャージが、
オーダーフェアー期間中は
無料になります。

是非、この機会にどうぞ!!!
posted by タンジェント at 12:36| SURF

2018年01月11日

冬のサーフィン

全国的に
強い冬型に。。。

「雪国」と言われている地域では、
かなりの雪が降っているようです。

私の地元「静岡」は、雪こそ降らないものの、

強烈な北風が吹いていて
「寒い」です。。。

しかし、
寒い冬でも、サーフィンは出来ます。

いや、
寒い冬シーズンだからこそ、
サーフィンを楽しむ気持ちが、

サーフィン上達の近道でもあるのです。。。

冬シーズンのサーフィンは、
「寒い」
と言う事以外は良い事が一杯あります。

春〜夏〜秋
のシーズンに比べて、サーファーの数は減ります。
と言う事は、
沢山、波に乗れる。

冬の寒い季節に着るウエットスーツは、

当然、ウエットスーツの生地の厚みも厚くなるので、
動きにくくなるし、体力が必要になります。

でも、これが、

パドル力強化につながるし、
春になって、ウエットスーツが軽くなった頃になると、

当然、体が楽になる。。。

冬シーズンにサーフィンする事で、
知らず知らずのうちに

「力」がついてくるのです。

そして、
なんと言っても、
寒い冬だからこそ、
その時間にサーフィンした者にしか
分からないサーファーとしての
「感覚」みたいなものがあって、
何とも言えない気持ち良さがあるのです。

冬シーズンのサーフィンを
いかに楽しむか?って事が大切なのだと思うのです。

69e9c_103_1fcfd26ba15fafec2cd9604c5837752e.jpg

冬シーズンのサーフィンを
どれだけ楽しめるか?
って事を考えたら、

やっぱり、
一番大切で、必要な物が
ウエットスーツ。。。

日本のウエットスーツの技術、クオリティーは、
世界一だと思います。

日本一のウエットスーツは、
イコール、世界一のウエットスーツだと言っても、

間違いではないと思います。

冬シーズンのサーフィンをいかに楽しく、
快適に過ごすか?
と言う事を考えたら、

やっぱり、
冬用のウエットスーツは良いものを!
と思います。。。

そこで、
今シーズン
「ルーズウエットスーツ」から発表された

フロントフレックスファスナーのセミドライスーツ

23621638_1525982897479665_8878954929881802622_n.jpg

これ、
かなり快適です。

ドライネックが標準装備されているので、
首からの水の侵入はほとんどありません。

胸の部分がかなり広く開くので、

着替えの時も楽チンです。。。

23622375_1525982987479656_1458291528515156894_n.jpg


そして、
今シーズン、使用される
「エアーフレイム」の素材は、

かなり暖かく、しかも、軽くて柔らかいので、
動きやすさも抜群です。

このモデルであれば、

オール3ミリでも十分にOKですね。。。

私も、
12月の日本海「北陸」でテストしましたが、

全く問題なし!
かなり快適で、寒さ知らずです!

23559965_1525983064146315_3724359618964138941_n.jpg


決して安い!と言う金額ではないのですが、

この金額を
高いと見るか?
安いの見るか?

ですね。。。

生地そのものが、軽くて柔らかさもあるので、
長く使っても、生地の固さがなく、今までのウエットスーツよりも、

1〜2シーズン長く着られるのではないでしょうか。。。

ウエットスーツ専用シャンプー、ソフナー
でしっかり手入れする事で、
ウエットスーツの寿命は長くなります。

3〜4シーズン使う事を考えれば、

この金額は決して高くはないと思う。。。

なによりも、
冬シーズンのサーフィンが快適になる事。

そして、上達の近道になる事。

冬シーズンのサーフィンの気持ち良さは、

お金では買えない。。。

そんなふうに思います。。。

そんな訳で、

「ルーズウエットスーツ」
オーダーフェアー開催中!

ウエットスーツに関しての質問、お問い合わせは
お気軽にどうぞ!!!

是非。。。
posted by タンジェント at 12:21| SURF