2018年12月03日

サーフィン

たまには、

このコーナーで、
「サーフィン」の事も話題にしないと。。。

と思いながら、
サーフィンの話題は、ほとんど出ないこのコーナー。

波情報や、
コアなサーフィンの話題は、

色々なブログや、波情報サイトなども
たくさんあるので、

私が話題にする必要もないかな。。。
と思っているのです。

でも、
一応、私も長年、サーフィンをしているし、
サーファーだし、

サーフィン業界にも20年以上いる訳だし、

たまにはね。。。
って事で。。。

で、
世界のサーフィンって、
ここ数年の間に、
とんでもなく進化している事は
間違いない。。。

世界のトッププロサーファー達の
サーフィンって、

「次元」が違うと言うか、

昔では考えられないような
サーフィンなんです。

完璧!パーフェクト!
と言えるような波を人工的に作る事も
出来るようになって、

今後、さらに、
サーフィンは進化していくんだと思う。

それと、同じように、

ビックウエーブに対しての
チェレンジが、とにかく、
ハンパない。。。

サーフィンが、マイナースポーツから、
オリンピックの正式種目になり、
メジャースポーツになろうとしていて、

そうなると、
サーファーは、
他のスポーツ選手と同じように、
「アスリート」として、
スポーツ選手としての立場になっていくんだと思うのですが、

それとは、
別に、

「ビックウエーブ」にチェレンジする
サーファーは、

スポーツ選手と言うよりも、

「冒険家」に近いような存在になっていっている
ような気がするんです。

アスリートのように、
試合に勝った、負けたと言う事よりも、

「チャレンジ」する事に
価値を見出すと言うか。。。

もっと言えば、

言い方は正しいか、分からないが、

そこには、何か、

「宗教的」な感じさえあるような気がするんです。

もちろん、、昔から、
「ビックウエイバー」と呼ばれるサーファーは、
沢山いたと思うのですが、

最近の
ビックウエーブのレベルが

とにかく、ハンパではない。。。

ジェットスキードライバーの
コンビになって、波に乗る、

「ツインサーフィン」が出て来てから、

パドルではテイクオフ出来ない波にも、
乗れるようになった事で、

さらに大きな波にもチェレンジする事が
出来るようになった。

そうなると、
逆に、
ジェットスキーを使わずに、
パドルだけでどれだけ
大きな波に乗れるか!って事にも
チャレンジするビックウエイバーも出てきて、

ビックウエーブに対するアプローチのレベル、
どんどんに上がっていくと言う、

良いのか?悪いのか?

相乗効果で、レベルは上がって行く一方
のような気がする。。。

「マーベリック」





映画にもなってビックウエーブのポイントでは
昔から、有名なポイントで、

ここには、
多くのビックウエイバーが存在している
歴史のある場所である。

ハワイ、マウイの
「ジョーズ」も凄いポイントです。



そして、
ここ数年で、一気に
知名度がアップして、

世界でもナンバーワンの
ビックウエーブのポイントになった

ポルトガル 「ナザレ」




ここまでくると、
サーフィンと言うスポーツでは
ないような気がしてきますね。

どこの
ビックウエーブポイントでも、

驚くのは、

その時に、
その波に、チャレンジしているサーファーが、

一人、二人ではないと言う事。。。

ピークには、
多くのサーファーが
ラインアップしているのです。

もちろん、
中には、とんでもない
ワイプアウトをしている人もいるし、

ゲットの途中で、

セットの波を喰らっている人だっている。

完全に、
「死」と隣り合わせである事は

映像を見ただけでも分かる。。。

登山家が、
エベレストや、K2
にチェレンジして、
実際に、死んでいまっている人も沢山いるのに、

それでも、
そこに
チェレンジする人は後を絶たない。。。

何でなんだろう。。。と言ったところで、

そういう世界にドップリと入り込まない
限り、
その世界の事は理解できないのだと思う。。。

そんな事を考えると、

私が
「宗教的」な。。。と言うのも
納得できるのかもしれない。。。

とにかく、凄い世界です。。。

もし、
俺は、
ビックウエイバーだ!
なんていうサーファーがいるとしたら、

今や、
世界基準のビックウエーブが、
こういう状況になっていると言う事を理解した
上で、

もう一度、
俺はビックウエイバーだ!
と言えるのか?
どうか、考えた方が良いかもしれない。。。
posted by タンジェント at 11:58| SURF

2018年11月18日

ASP

世界のサーフシーンは、
いよいよ、
舞台を
「ハワイ」に移して、

2018シーズンの終盤を迎えているようです。

ef4d2eea800f8f0952c0c9a98801987c.jpg



1発目の大きなコンテストは、

ハレイワで行われる
ハワイアンプロ。

ハワイの中のポイントでも、

マニューバー系の波質のポイントで、

人気のポイントでもある
ハレイワ。。。

ベテランの
「パーコ」が優勝したようですね。。。

凄いサーフィンしてましたね。。。

一方で、

ポルトガルのナザレ
で開催されていたコンテストは、

異常なほどの
ビックウエーブでのコンテストが。。。

047e6151b1f0e110989f5e1f2d5b7222.jpg


ここまでくると、
サーフィンとは、
ちょっと違うスポーツなんじゃないか?
って
思うくらいの波のサイズ。。。

ここで、サーフィンすると言う事が
驚くが、
この波で、
サーフィンのコンテストを開催して、

また、そのコンテストに出場するサーファーがいると
言う事。

結果、コンテストが成立してしまうと言う事に
驚きます。。。

この波で、
サーフィンするって事は、
どんな心境なんだろうと思う。。。

エベレスト登山と、近所を散歩するくらいの
違いあるような気がする。。。

色々な「スタイル」のサーフィンがあると
言う事に気づきますね。。。

暖かいハワイでサーフィンしてみたいし、

恐ろしいほどの波のサイズの
ポルトガル「ナザレ」の波も
見てみたいと思います。。。

こんな
世界最高峰のサーフシーンを
ネットでチェックしながら、

大きな刺激をもらい、

本日も、
張り切って営業していきます。。。

只今、タンジェントでは、

いくつかの対象商品がセール中。。。

また、
「NBC」の新作も再入荷。

昨日、発表した、
限定のジップパーカの
「Mサイズ」は完売です。。。

ウエットスーツのオーダーフェアーも
開催中。。。

品薄状態だった、

人気の
「トリオ」のアンダーウエアーも、
入荷しました。。。

「タンジェント」も
熱くいきますよ〜。

是非。。。
posted by タンジェント at 10:46| SURF

2018年10月29日

ポッツ

20年以上の
サーフィン歴のある
サーファーだったら、
必ずと言って良いほど、
知っている
レジェンドサーファー
「マーティン・ポッター」


「ポッツ」の愛称で、

一般サーファーは、もちろん、
現在、世界で活躍しているプロサーファーの
中にも、

「ポッツ」のファンは多い。

私も、
大好きなサーファーの一人です。

「ポッツ」のサーフィンは、
私が思うに、

とにかく、アグレッシブだと思う。

無難にライディングをまとめると言う
感じではなく、
とにかく、攻めまくるスタイルのサーフィン。





コンテストでも、
そのサーフィンを
ジャッジが、どう判断しようと関係なく、
自分のスタイルでのサーフィンしかしない
と言う感じがする。

この「ポッツ」のスタイルって、

今は亡き、
「アンディー」のサーフィンスタイルにも
共通するものがあるように思える。

ヤンチャ、
スマートとはかけ離れた
感じのスタイル、
好きですね。

なんか、
今、世界のトップで活躍する
サーファーって、
もちろん、

とんでもないサーフィンをしているのは、
確かだし、

それぞれのサーファーが、
自分だけのスタイルを持ていると思うのですが、

「好き勝手に」。。。
みたいな感じとは少し違うような気がするんです。。。

フリーサーファーと呼ばれるサーファーの中には、

自分の好きなように、好きなスタイルで
サーフィンしているサーファーはいると思うのですが、

コンペシーンでは、
やっぱり、
「勝つ」と言う事を考えれば、
そういう訳にもいかなかったりする。

でも、
「ポッツ」は
当時、
コンペのシーンでも、
好き勝手なスタイルで、
攻め続けていたんだと思う。

それで、自分の思ったよりも、低い評価であれば
暴れたりして。。。

まぁ〜、でも、
今の時代、それは通用しないと思うのですが、

でも、
「ポッツ」、
格好良いな。。。
って思いますね。
posted by タンジェント at 18:46| SURF

2018年09月24日

レインボー

昨年、
日本海トリップに行った時の事、

「オーシャンブルバード金沢」の
平野氏に、

紹介してもらい、

日本海を代表するクラシカルポイント。

今や、日本を代表するクラシカルポイントである、

「レインボー」。

このポイントを古くから守る

「レインボーサーフィンクラブ」の
「中井会長」を

紹介してもらい、

行ったのですが、

その時に、
中井会長から、色々な話を聞き、
とても、貴重な出会いをさせて頂きました。

運も良く、最高のコンディションを満喫させて頂きました。

この
「レインボー」で行われるコンテスト、

「レインボーカップ」は、
今年で「23回目」になるらしい。

33362.jpg



歴史あるコンテストです。。。

このコンテストの優勝者の中には、
多くのプロサーファーもいて、

このポイントのファンは数多くいるのです。

そして、
このコンテスト、
驚くべきは、

「協賛」の数。。。

これだけ多くの協賛が集まり、コンテストは、

私は知りません。

今年から、
「NBC」も協賛させて頂く事になりました。

33363.jpg


微力ながら応援させてもらえればと
思っています。

このコンテストは、

「頭以上」のサイズのコンディションに
なって「ON」になるコンテスト
です。

「10月」からコンテストのウエイティングに入る
事になりました。

週末、
コンディションが決まった時にスタートになります。

パーフェクトなレフトブレイクでの
コンテストで、
長い歴史が作られてきたのだと思います。

そして、
中井会長を中心とした、
クラブの人達によって、
このポイントが、大切に守られてきているのです。

このコンテストは、もちろん、

こうしたポイントを大切に残していく事を
一緒に、応援出来ていければ最高だな。。。
と思っています。

今年も、きっと、
素晴らしいコンディションでコンテストが行われる
事でしょう。。。

最高のコンテストになる事を期待します!
そして、
また、ここで最高の波に乗れる日が来る事を
願います。。。
posted by タンジェント at 11:13| SURF

2018年07月29日

コング

我こそは
「ベテランサーファー」だ!
と言うサーファーであれば、

必ず知っているサーファーの一人。

「コング」の愛称で知られた
「ゲイリー”コング”エルカートン」

37578820_1953684828016733_3069598630936576000_n.jpg


「コング」が全盛期の頃は、

「トムカレン」「トムキャロル」
が偉大で人気者過ぎたので、
少し陰に隠れてしまっていた感じはするが、

コングのパワーサーフィンのファンは少なく
無かったと思う。

コングが全盛期の頃、
私の地元にもコングは来た事があって、

後から聞いた話では、

私の地元のサーフショップが
コングをサポートしていたとか。。。

今、考えれば凄い事だ。

コングは、今、何歳になったのだろう。
50歳くらいかな。。。

今も、バリバリの現役らしい。。。

今は、
「マウントウッジ」のサーフボードに
乗っているですね。。。

このサーフボードブランド、
実は、私も、一度乗った事があって、

豪州に住んでいた頃に、
最初に、豪州で買ったサーフボードが
マウントウッジのサーフボードでした。

当時は、
若手ナンバーワンと言われ、
将来のワールドチャンプになるだろうと
言われていた
「ニッキー・ウッド」が
乗っていたサーフボードとしても、
知られていて、
人気のサーフボードだった。

「ニッキー・ウッド」は、
いつの間にか、
一戦からは消えてしまっていて、

今は、どうしているのだろうか?

「コング」のサーフィンは、

昔は、ライバルの
「トムカレン」と比べられる事が多く、

「トムカレン」のスタイリッシュでスムーズな
「格好良い!」サーフィンに対して、

「コング」のパワーサーフィンは、
格好良いという表現よりも、

「凄い」と言う表現がぴったりの
サーフィンだったと思う。

見た目も、「トムカレン」の格好良さとは違い、

「ザ・ワイルド」と言った感じのコングで、

全てが対照的だったと思う。。。

なんか、
昔のトップサーファーは、みんなが、
自分だけのスタイルがあって、

本当に個性的で、それは、
見た目も、サーフィンも、
自分だけのオリジナルを持っていた感じで、

全てが格好良かった気がする。。。




今、こうして、
改めて、見てみると、

凄い、古さみたいなものは感じるが、

古き良き時代。。。
って感じもする。

昔は、
「丸井」が冠スポンサーで、
新島や、部原などで、

世界ツアーの試合をやっていたんですもんね。。。

バブリーだった時ですね。。。

今のように、
簡単に、映像を見る事も出来なくて、

同じビデオを何度も繰り返し見た記憶が
ありますね。

見ているがギャラリーも
バブリーな感じがしますね。。。

昔は良かったなぁ〜。
などと言うつもりは全くないですが、

でも、
この頃は、自分も高校生くらいで、
本当に、楽しくて、仕方なかった時ですね。。。
その時代がヒーローが
まだまだ、現役バリバリでサーフィンしているの
って本当に、格好良いと思いますね。。。

やっぱり、
目指すところは、

ここだよね!
って思います。。。

生涯現役で張り切っていきましょう!!!
posted by タンジェント at 11:39| SURF