2017年05月20日

サーフボード

サーフィンするうえで、

絶対に欠かせないのが

サーフボードである事は言うまでもない。

その
サーフボードを削る

「シェイパー」
と呼ばれる人達。。。

私がサーフィン業界にいる事で、

何人かの
「シェイパー」を知っていて、

色々話をする機会もあるのですが、

「シェイパー」と話をする度に
「シェイパー」って凄いと思うし、

サーフボードをシェイプすると言う事を

仕事にする凄さを改めて感じる。。。

0105_1.jpg


「シェイパー」と言う仕事は
凄く特殊な仕事で、

誰にでも出来る事ではないのはもちろん、

何か、他に、似たような仕事があるか?

考えても全く見当たらないのが
「シェイパー」
と言う存在である。。。

サーフボードの形、デザインは、

自由であるだけに、

サーフボードの形をデザインする事は、
凄く、
「アート的」な事である。。。

削ったばかりのサーフボードって、

芸術品であり、アートである。。。

サーフボードって
「平面」ではなく、

「3D」なので、

「彫刻」に近いものがあるのかもしれない。

サーフボードを削ると言う事は、

出来上がりをイメージしながら、
必要ではない部分を削り、

必要な部分を残し、
形に仕上げていく訳だが、

自分の頭の中でイメージしたものを
形にしていくと言う事なので、

デザイナーであり、芸術家であると思う。。。

ただ、
芸術家とは大きく違うのは、

サーフボードって、

鑑賞するものではないと言う事。

どれくらいのレベルのサーファーが
使うのか?

いかに楽しく、気持ち良くサーフィン出来るか?
って事が大切で、

いくら、見た目が格好良くて、芸術的であっても、

実際に、そのサーフボードで波に乗った時の
「感覚」が
イマイチだったら、
ダメなのだ。。。

実際に、使ってみて、
初めて評価される。。。

芸術的なものなのに、

実際に、使うものなのだ。。。

シェイパーは
そこまで考えて、イメージして、

自分でそれを形にしていくところまでの
作業する。。。

デザイナーとして、芸術家として、
そして、職人して。。。

と言う、多くの要素を兼ね備えていなければいけないのが

「シェイパー」と言う仕事である。。。

平面ではなく、「3D」であるから、
「影」を見ながら、形を取っていくのだろうが、

そのものの「形」を作り出すのに、

「影」を見ながら形を作り出していくと
言う事って、
凄く奥が深いと言うか、
予想以上に複雑な事なのだと思う。。。

コレが、
鑑賞だけのものであれば、

美しい、綺麗、
などと芸術的な事だけで済むが、

実際に、使う事に意味があって、
それが、なおかつ、
サーフィンと言う、
「感覚」が重要なスポーツで使うとなると、

凄く、「厄介」な事だと思う。。。

海、波の状況は、その時、その時で
全く違うし、
人によって、サーフィンに対しての
「感覚」は全く違うし。。。

それぞれのサーファーにあった
サーフボードを
考え、提供していく事って、
簡単な事ではないと思う。。。

1本のサーフボードで、
サーファーのサーフィンライフが
変わる事だってあるので、

そういう事までも背負って、
サーフボードをシェイプする
「シェイパー」って
改めて、頭が下がる。。。

たぶん、相当な「覚悟」を持って、
そして、高いプロ意識を持っている
「シェイパー」が
多くのサーファーから支持されているのだと思う。

シェイパーって、
常に、オーラがあって、存在感がある。。。

私には、
到底、無理な仕事であるし、

軽い気持ちでやれるものでもないと思う。。。

自分が使うだけのものであれば
「趣味」として。。。
で良いが、

人にサーフボードを提供する事、
ましてや、そこに
「価格」が設定される事って、
簡単な事ではないと言う

プロ意識が絶対に必要だと思う。。。

そんな事を考えると、
やっぱり、
「シェイパー」
って凄い人なんだと思う。。。

89862e_3b2bf3d9affe4302a6c5bfef1aafff69.jpg

「シェイパー」と言う人達に会って、
話をする度に、

「参りました」
と言う気持ちになる。。。

職種は違えど、
自分も
それくらい高いレベルの気持ちを持って、
自分の仕事に挑んでいかなければいけないと
思う。。。
posted by タンジェント at 12:19| SURF

2017年04月27日

ダグ。

我らが
「NBC」のボス
「ダグさん」。

もうどれくらい前になるだろうか?

ティアデビルス
と言うビデオが発表されて、

その後、
シリーズ
2作目が。。。

7:50過ぎからの
「ダグ」のシーン。。。
是非、チェックしてみてください。

そして、

30:35頃からの
「セス・アルマー」も
かつての
「NBC」のチームライダー。

もちろん、
今も、
「NBC」の事、愛してくれています。。。

他にも、
ベテランサーファーにはたまらない
今ではレジェンドと言われるサーファーや、
懐かしのサーファーが多数。。。

チェックしてみてくださいね。

https://vimeo.com/210883008

この時、
「ダグ」が使っていた
サーフボード。。。
「シングルツイン」
と言う
ちょっと変わったサーフボード。

それが、
私の手元にあります。

気になる方は、
いつでも
貸出しますので

どうぞ。。。
posted by タンジェント at 18:18| SURF

2017年03月25日

トムカレン

私と
同じくらいの年代の
サーファーの中で、

この方が
好きなサーファーの一人だ!
と言う
サーファーも多いはず。

「トム・カレン」

伝説のサーファーであり、

今なお、現役バリバリのサーファーだ。

このサーファーの何が凄いって、
全部凄いのですが、

とにかく、
スタイリッシュで、
スムーズで、
サーフィンの格好良さを追求した
サーファーの一人だと思う。

サーフィンのレベルを
ワンランクも、
ツーランクも、
一気にアップさせた
サーファーである事は間違いない。

この方のサーフィンが
ベースになっていると言う

今のトップサーファーも多いと思う。

たまには、
このコーナーでも、
サーフィンの事を話題するのです。

「トム・カレン」のサーフィンを語るうえで、
なくてはならないのが、

「Jベイ」でのサーフィンだろう。


もう、何年前の映像なんだろうか?

何年もたってから見ても
こんなにも
格好良いって、
この時には、

ほんと、

えぇ???
こんなサーフィンするサーファーが
いるんだ!?
て思ったサーファーも多いはずだ。

そして、
数年前の
「Jベイ」での
「トム・カレン」
のライディングには
本当に、衝撃を受けた。



格好良過ぎるだろぉ!
って思う。。。

どんな「感覚」で
この波に乗り、
ライディングしているのだろうか?

私のサーファーとしての
「ヒーロー」
である事は間違いない。。。

間違いなく、
ナンバーワンの
サーファーの一人であると思う。。。

え〜〜〜?
俺、
こういうサーフィン、
別に好きじゃないし。。。

なんて言う人がいるとしたら、
それは、

サーフィンの事を分かっていない!
ってはっきり言って良いと思う。。。
posted by タンジェント at 18:35| SURF

2017年02月16日

ワイプアウト

「サーフィン」は
楽しくて、気持ち良い。。。

だけとは
限らない。。。

人間である以上、
水の中では息が出来ない。。。

と言う事は苦しいし、

死に至る事さえある。。。

どんなに上手いサーファーでも
ワイプアウトは
する。。。

それなりの
波でのワイプアウトであれば、
生死に関わる事もないが、

時として、
生死に関わるような状況での
サーフィンでのワイプアウトは、

相当、危険だ。。。

それでも、
その波に乗りたい!
と思うのが、
サーファーなのかもしれない。。。



ワーストワイプアウト特集。。。

大丈夫なのだろうか?

怖さや、恐怖
を上回る何かが
そこにはあるから
挑むのだろうが、

命あってこそのサーフィン。

地位や名誉はもちろん、
権力や、お金、などは

「波」の前ではすべて
「無力」である。。。

どんなに偉そうにしようが、
「波」
の前では何の役にも立たない。。。

たぶん、
このような
体験をしているサーファーって、

「悟り」みたなものを持っている人達で、

何か、
「宗教的」な事さえ感じる。。。

簡単に
「リスペクト」
と言う言葉だけでは片づけられない
「リスペクト」
以上の何かを感じる。。。

根っからの
「チキン野郎」
の私には到底、手の届かない
違う世界の人達のように思える。。。

もし、
これが、
「サーフィン」と言うのであれば、
もしかしたら、
私のやっているサーフィンは、
「サーフィン」ではないとさえ思えてしまう。

ただ、
一つ言える事は、

「サーフィン」って、
大きな波に乗る事が全てではないし、
サーフィンが上手い事が全てでもない。

どれだけ楽しんだか?
どれだけ楽しんでいるか?
気持ち良かったか?
満足したか?

それが一番大切で重要な事だと思う。

心の底から
楽しむ事。

海に入って波に乗っている時
以外でも、
ファッションや、スタイル、
全ての事を
サーファーとして
楽しむ事が出来れば、最高だし、

そういう事を含めて、
思いっきり
楽しんでいるサーファーには、

限られたサーファーしか
アタック出来ないような
ビックウエーブに挑むサーファーと
同じように
リスペクトしたいと思っている。。。

「頭」サイズの波に巻かれ、

「アップアップ」している
私は、
そんな風に思うしかないのかもしれないが、

しかし、
ホンモノのビックウエーバー
って、
本当に凄い。。。

こんなワイプアウトしても、
やっぱり、
サーフィンはやめられない
って、
たぶん、
このサーファー達は、

「神」の領域に
入りこんでいる人達なのだと思う。。。

見れば見るほど、

恐ろしくもあり、

別世界を感じる。。。
posted by タンジェント at 11:15| SURF

2016年10月29日

JJF

たまには
サーフィンの話題でも。。。
と思います。

今、サーフィンの話題をするなら、

この人の事が一番でしょう。。。

ジョンジョンフローレンス「JJF」

ついに。。。
と言う感じ。

キッズの頃から

将来は、ワールドチャンプ
間違いなし!
と言われていた

「JJF」。

ついに、
ワールドチャンプに。。。

キング・ケリー様
の時代

JJF
に変わる時がきたのかぁ???



波のコンディションに関わらず、
ちょっと、
次元の違うサーフィン。

一つ一つの
技のクオリティーの高さ、
完成度。

テイクオフしてから、
フィニッシュまでの
1本のライディングの
パフォーマンス。。。

芸術的です。。。

たぶん、
大きな怪我をしない限り、
しばらくは、
JJF時代がやってきた!って
感じ。。。

コンテストでの
勝ち方
みたいな事に対して、

これから、
もっと
強くなっていけば、

もしかしたら、

キング・ケリーさんが
打ち立ててきた、
数々の記録も、
もしかしたら

JJF
が破るのかもしれない。。。
と思うほど、

とにかく、
今のJJFは
凄い。。。

破られる事はないだろう。。。

言われている
キング・ケリーさんの
数々の記録を破る事が出来るとしたら

JJF
しかいない。。。?
posted by タンジェント at 11:06| SURF