2018年12月09日

ジャッジ

先日の
「M-1」での審査員に対しての

「暴言」みたいな事が話題になっていますが、

暴言を吐いた方も、
言われた方も、

特別、好きでも、嫌いでもないのでも
どっちでも良いのですが、

この時に、
審査員のメンバーの
一人

toShcpU.jpg


「サンドイッチマン」の宮澤さんが言ってました。


「審査」する方も、
「審査」されているんです。

審査員として参加するのであれば、
それなりの
「覚悟」が必要だと。。。

私も、
この言葉に尽きると思いますね。

これは、
今回のお笑いのコンテストしろ

歌にしろ、

スポーツの世界でも、同じ事だと思いますね。

人が人を審査すると言う
難しさ。。。

音楽で、CDが何枚売れたとか、
どれだけ、再生回数があったとか、
何回、リクエストがあったかなど、
はっきり「数字」で表せる事だったり、

スポーツでも、
「何秒」で走ったとか、

何本ホームラン打ったとか、

結果が「数字」で出る事だったら、

そこに
「順位」をつけるのは、それほど、
問題になるような事はないとは思うのですが、

「採点」する事って、

ある程度基準はあったとしても、

やっぱり、
審査する人の「主観」みたいな事が
加わってくるので難しい。

じゃー、
出来るだけ、その人の「主観」「好み」
みたいな事を出さないように。。。
と言う事であれば、

誰が審査員でも一緒だ。

みたいな事になってしまう。

凄く、難しい事だと思う。

これが、

「プロ」の世界になればなお更難しい問題で、

プロである以上、

生活もかかってくる訳で、

その人の人生を左右する事にもなる。

ほんの
少しの「差」で
優勝か、準優勝かでは大きな違いだし、

オリンピックだったりの大舞台で、

金メダルか、銀メダルかの違いは
大きい。
もっと言えば、

銅メダルか、4位かは大きな違いで、

銅メダルを取ったなら、
一生
「メダリスト」と言われる事になる。

選手を引退した後だって、
影響が出る事にもなるだろう。。。

もし、
ジャッジする人が、違っていたら、

違う結果になっていたかもしれない。。。
って事だって
実際には、ある事だと思う。

そこまでくると

「運」って事になるのかもしれないが、

簡単に
「運」
と言うだけで済ませてしまって良いのだろうか。。。
って思う。。。

そういう事を考えると、

やっぱり、
審査する方には、

審査される側と同じレベルの
「覚悟」は絶対に必要な事だと思う。

簡単に
「はい、引き受けます」と言う訳にはいかに
だろう。

たぶん、
今回、話題になっている事も、

こういう状況が分かっているはずなのに、

酒に酔って、
勢いみたいな事だけで、

そういう事を言ってしまったと言うのは、

「暴言」と言うか、

完全に
バカにしている発言だと思う。

それが、
そこに出場していた人が、
どうしても納得がいかず、
感情で言ってしまったのならば、

まだしも、
その時には、審査されていな人が
それを言ってしまう事は、
やっぱり、

批判されても当然のような気がする。

それを言うなら、

最初から、
見なければ良い。って事になってしまう。

実際に、
「点数」だけではない評価のされ方もあるわけだし、

例えば、
サーファーだったら、

コンテストには一切出場しない、
プロサーファーもいて、

「フリーサーファー」
は点数ではない評価のされ方をされている訳だし、
それで、良いと思う。

ただ、やっぱり、
点数で評価されない場合は、

はっきりとした「順位」がつくわけでは
ないので、

はっきりしない。。。
みたいな事があって、それは、それで、
すっきりしない。。。みたいなことがある事も確か。

誰が、
一番なのか!って事を決めるには、
やっぱり、
「順位」が必要になって、

そこには「ジャッジ」が必要になるって事。

まぁ〜、結局は、
見ている方は、

そういう事も、全部含めて、
見て、

面白い。。。

って事になるし、

感動だったりが生まれるのかもしれない。。。

審査する方も、される方も、
本気で、
覚悟をもってやっていれば、
それで、良いのだと思う。
でも、

それをバカにするような事は言っては
いけないと思う。。。

って事ではないでしょうか。。。

じゃぁ〜、
このコーナーの評価はどうなんだろうか???
posted by タンジェント at 12:03| 独り言

2018年12月07日

なんと。。。

日本のプロ野球は、
シーズンは、 とっくに
終わっているのに、

シーズンオフも熱い。。。?

毎日のように、

移籍
などの話題がぁ。。。

で、

今年は、来シーズンに向けて、

ジャイアンツの「補強」が
エグイ。。。

西武-メジャー-オリックス
で活躍した
「中島」

西武から「炭谷」。

今シーズンのMVPで、
広島の「丸」


主力選手を次々と補強。

そして、
昨日、

近鉄-楽天-メジャーで活躍した、
「岩隈」
hqdefault.jpg



ジャイアンツ入り決定。。。

ジャイアンツのこうした補強には、
賛否があるようですが、

凄い選手を集めたからと言って、
必ず優勝出来ると言う保証はない。

ただ、
どのチームも、優勝を目指し、
日本一になる事を目指して、

その年のシーズンを戦っていく訳で、
そりゃー、

「使える」選手が多ければ多いほど、

戦いやすいに決まっている。

そこまでしても、優勝したいか。

そこまでして優勝する事に意味があるのか。

などと言う人もいると思うが、

やっぱり、
そこまでしても、
優勝したいんだと思う。

特に、ジャイアンツの場合は、
常に、
優勝を義務付けられているチームだと
言う雰囲気があるので、

なんとしても。。。
と言う事があると思うのですが、

そのなんとしても
「優勝」と言う事が、

結果、
今回のような「補強」になっていると
思うのです。

私は、
ジャイアンツのファンではないし、

この事が良いとも、悪いとも思わないが、

ただ、
私が、思うに、
こうまでしても優勝したいチームがあって、

そのチームに挑んでいく他のチームがあって、

そうした状況で、プロ野球が盛り上がるというか、

スポーツって、

ヒール敵な存在や、正義の味方的な存在、
苦労人だったり、と、
色々な「色」があるチームが交ざり合う中で、

優勝を目指していくと言う構図があればあるほど、

面白い事は確かだと思う。

どのチームも、
同じようなカラーなチームが戦っても、

それほど面白くないのかもしれない。。。

ジャイアンツのようなチームに対して、

地道に選手を育ててきたチームが
勝つからおそ、ファンは、熱くなるような
気がする。。。

どうなるのでしょうか。。。

まぁ〜、
サーフィン業界では、
世界のトップサーファーがもうすぐ決まる。

今シーズンのワールドチャンプは誰なのか?
って時期に、

このコーナーの話題は、
日本のプロ野球の
シーズンオフの動きを話題に
してしまっていると言う、

どこか
ズレている感じもしなくもないが。。。

まぁー、
それも、
このコーナーの良いところ。。。
と言う事で。。。
posted by タンジェント at 11:06| 独り言

2018年12月06日

そんな時期です。その2

昨日は、

2019年のカレンダーを
もらって、

もう、そんな時期なんだ。。。

なんて事を話題にしたのですが、

昨日、夕方、
知り合いから、

「大根」を頂きました。

41a9iF-U13L._SX425_.jpg


そんな時期なんです。。。

私の地元は、
田舎なので、

その時期その時期で、
色々な野菜なんかをもらったりする。

寒くなってきた時に、
頂く、野菜の定番が

「大根」。。。

寒い時は、
煮物や、おでんの具としての
定番ですね。。。

田舎に住んでいると、

その時期の野菜などをもらう事が多い。

春になると、「タケノコ」だったり、

一旦、貰いだすと、
次から次へと、
もらったりする事もある。。。

これぞ、
「ザ・田舎」と言う感じで、

頂くもので、季節が分かる。。。
みたいな。。。

昨日までは、
「12月だぞ!」って感じの天気で、

地域によっては「25度」にもなった
所があるみたいなのですが、

今日から、一気に、
寒くなる予報。。。

そりゃー、もう、12月なんだから、

「冬」のような天気になってもおかしくない。
っと言うか、

やっぱり、
冬は、寒く、夏は暑くと言うのが
自然だし、
暑すぎて、寒過ぎても、
嫌かもしれないが、

でも、
寒い時は、寒くなって、暑い時は
暑くなる方が良いと思う。

これって、
仕事にも関わってくるものです。。。

特に、
アパレル商品には、影響が出るのです。。。

今日からは、冬らしい感じになってくる
みたいなので、

是非とも、
「タンジェント」で冬物アパレルをチェック
して欲しいですね。

人気の
コレ

3741.jpg

や、
コレ

3738.jpg


は、
これからの時期に、
絶対に活躍してくれるし、

少し前に紹介した
「タンジェント」オリジナルの
3290.jpg

これは、
暖かさ抜群で、
冬には手放せないアイテムになる事は
間違いないでしょう。

もちろん、

他にも、
NBCの今シーズンのニューアイテムは
充実しています。

寒くても、
異常気象でも、

「タンジェント」は、常に、

熱く営業です!!!

是非。。。
posted by タンジェント at 12:16| 独り言

2018年12月02日

批判

何かに対して
「批判」するのであれば、

それなりの覚悟が必要なのに、
最近は、

多くの人が、
簡単に「批判」をするように
なっている。

4dfb9cf5.jpg


私の大好きな人で、
尊敬する人の一人である、

「たけし様」は、

「批判」するなら、自分でやってみろ。

と言っている。

確かにその通りだと思う。

なにかにつけて、

「批判」や、「クレーム」
などを言う人って、

「批判」することで、

自分が、「優位」な立場に立ちたい
だけなんじゃないか。。。
って思う。

人に対してや、
何かを批判することって、

自分が優位な立場にたって、
その立場が心地良い感じに
なっているだけで、

特別、
しっかりとした意見があったり、
覚悟があったりする訳ではない。。。

何かにつけ、
「クレーム」をつける場合も、
似たような事だと思う。。。

先に言った者勝ち

みたいなところがあって、

文句言った者勝ち。。。
みたいな流れって
どうなの?
って思う。。。

「批判」「クレーム」「文句」
を言う前に、

もう一度、ちゃんと、考えてから。。。
って言う余裕みたいな事を
一人一人が持つ事で、

「批判」「クレーム」「文句」って
もっと減るんじゃないか。。。って思う。

まず、「ありがとう」の感謝の
気持ちを持つ事は、凄く大切な事だと思うのだが、

まず、
「批判」。。。
みたいな最近の流れ。。。

そういう時代なんだ。。。
って言ってしまえばそれまでなのですが、

それって、
何か、嫌な感じですね。。。

でも、
最近の流れは、確実に、そういう流れに
なってしまっているから、

「クレーム」がある事をベースに、

クレームがあった時の対処法
みたいなマニュアルがあったりして。。。

この間、ラジオで、

クレームの対処方は、

「D言葉」ではなく、
「S言葉」で対応しましょう。。。
なんて事を言っていた。

「D言葉」。。。

「でも・・・」
「だから・・・」
「だって・・・」
は、
火に油を注ぐ事になってしまうので、

「S言葉」。。。
「失礼しました」


みたいな事で対応するのが良いらしい。

結局、
自分は相手よりも、

下の立ち位置なんですよ。。。
って事をアピールする事で、

その場を上手く納める事になると言うのですが、

確かに、その場をとりあえず、
納める。
って事を考えればそうなのかもしれないが、

結果、
多くの人がそういう事をする事で、

「批判」「クレーム」「文句」

を言う人が増えると言うか、
調子に乗るというか。。。

なんか、嫌な時代ですね〜。
って思うんですが。。。

でも、
自分だって、気を付けないと、
同じような事をしてしまっているので、

まずは、自分自身が気を付けて、

平和で、楽しい
世の中を作っていきましょう。。。

「批判」「クレーム「文句」
よりも、

「褒める」「感謝」
をしていこうではありませんかぁ。。。
posted by タンジェント at 11:18| 独り言

2018年12月01日

ものまね

「芸」
を持ってる人って本当に凄いよな。。。
って思うんです。

その
「芸」を自分の仕事として、

プロとして活躍している人って、
本当に凄いと思う。

色々な
「芸」がある中で、

「ものまね」芸人って、
凄いと思います。。。

ここ最近、TVで、

「ものまね王座」や、
「細かすぎて」

ものまね番組を見る度に、

単純に、面白い!って
事だけではなく、

凄い!って思うんです。。。

私の一番のお気に入りは



この人、
プロのものまね芸人ではないみたいなんですが。。。

でも、
昔からの
プロ野球ファンだったら、
絶対に好きなはずです。




プロのものまね芸人って
たくさんいると思うんですが、

前々から、私の一番のお気に入りは




ナンバーワンだと思いますね。。。

かなり、マニアックなところだと
この人




とにかく、面白いんですが、
ものまねのクオリティーも
ハンパないですね。。。

ものまねが出来る人って、

ものまねする人の
観察力と言うか、
それが、優れているんだと思います。

私が思うに、
「絵」を描くのが上手い人って言うのは、

風景だったり、その物だったりを
「見る」力が優れているんだと思います。

それは、
ものまねも同じで、

自分が見たものを
どれだけ完璧に、
自分の中に取り込んで、

あとは、
それを、どんなふうに表現するのか。
って事だと思うんです。

良く、
「絵」が下手なんだ。。。
って人は、

描こうとしているものを
ちゃんと見れていないんだと思うんです。

あとは、
それを、実際に、どう描くか?
って言うテクニックの問題だと思うんですが、

ただ、
ものまねの場合は、

自分自身の元々の姿や、声が
関係してくるので、

「真似る」って事は、
簡単ではないと思うんです。

まずは、真似る人を完璧に、
インプットして、
でも、インプット出来たとしても、

それを全て
表現出来るか?って言っても、
限界ってあると思うのですが、

ものまね芸人の人って、

それを、表現し、
さらには、楽しませると言う
凄い事をやっているのだと思うのです。。。

単に、

似てるね〜。面白いね〜。
ではない
凄さが、
そこにあると思うんです。。。
posted by タンジェント at 17:52| 独り言