2018年10月24日

姿

先日、
彫刻家の
土屋誠一さん
C_-632Kp_400x400.jpg


来店してくれて、
色々とお話をさせて頂きました。

彫刻と言う
「芸術」を追求している人から、

色々な事を学ぶ事が出来たような
気がします。

それと同時に、

その人の持っている信念や、
考え方、実際に、今やっている事、
って
「姿」に表れてくるんだな。。。って思いましたね。

その人の
「生き様」って
姿に表れてくるような気がします。

「生き様」が姿に表れている人って、
その「道」を極めていると言うか、

その「道」を極めた人、
極めつつある人って
「姿」に表れてくるんだと思うのです。

そういう事が、

「オーラ」とか、
「存在感」
と言うのかもしれませんね。。。


そういう事が
「姿」に表れてきたら
凄いな。。。って思います。

何も語らずも、
人を圧倒する「力」みたいなものが
そこにはあると思います。

好きとか、嫌いとか
関係なく、

「魅力的」である事って
凄い事だと思います。

芸術家じゃなくても、

一般的な仕事でも、これって
同じ事だと思うのです。

職人には職人の「オーラ」があったり、

サラリーマンだって、その職種によっての
スタイルがあり「オーラ」がある人って
いると思います。

逆に言えば、
「オーラ」や「存在感」
みたいなものが
ないと言う事は、

その「道」をまだ、極めていないと言うか、

ホンモノの「プロ」ではないと言うか。。。

絶対的な存在感
みたいなものって、

作ろうと思って作れるものではなく、

やっぱり、
どんなふに、
生活しているか?
どんなふうに、生きているか?
って事で、
生まれてくるものだと思いますね。

生き方って、
「姿」に表れてくるものだと思います。


私の回りには、
この
「オーラ」「存在感」のある人が
たくさんいますが、

また一人、
「オーラ」を感じる人に
出会ったような気がします。。。

自分も、
そんな
人間になりたいと思います。。。
posted by タンジェント at 10:44| 独り言

2018年10月22日

偶然。必然。

人と、人との
「出会い」って、

単なる偶然で、出会うのか?

偶然に出会って、知り合いになり、
付き合いが始まるように思えるが、
私は、人と、人との出会いって、
「偶然」だとは思っていないのです。

その人と、その人が、
出会う時って、
お互いに、

引き寄せ合う「何か」が
必ずあるのだと思う。

だいぶ前にも、少し話題にした事が
あると思うのですが、

もう、20年近くのお付き合いになる、

愛知県刈谷市にある
「ノーレッジ」。
このショップのオーナーの「菊地氏」。

o2048115214282822508.jpg



菊地氏が、数年前に、ハワイに行った時の事、

ハワイのとあるポイントで、サーフィンしていた時に、

たまたま、
「NBC」の創始者であり、
私の「ボス」でもある
「ダグ」と出会ったのですが、

その時に、
菊地氏とダグは、面識はない。

菊地氏は、長年、「NBC」の商品を
ショップで取り扱いしてくれているので、

「ダグ」の存在は、知ってはいたが、

ハッキリとは、顔も分からないし、
どんなヤツなも詳しくは、知らない。

ただ、私のボスであり、プロサーファーだと
言うくらいの情報。。。

では、
なぜ、そんな二人が、知り合う事になったのか?

海の中で、菊地氏は、サーフィンの上手い
グーフィーフッターがいる事は、
気が付いてはいたが、それが、
ダグとは気が付いてはいない。。。

ダグは、菊地氏の事は知らない。。。

でもでも、
お互いに、「何か」を感じたのだろう。。。

二人の距離が一番近づいた時に、
菊地氏の方が、もしかしたら、
「ダグさん」かも。。。と思い、

自分のサーフボードに貼ってあった
「NBC」のステッカーをダグに見せると、

もちろん、ダグもそれにすぐに、反応。。。

そこから、会話が始まったと言う流れ。。。

これって、
偶然のように思えるかもしれないが、
私は、「必然」の出会いだと思っている。

20年以上も前から、「NBC」を取り扱い
してくれているショップのオーナーの
「菊地氏」には、
やっぱり、
ダグには、一度は、会って欲しいと思う。

もっと言えば、会っておかなければ
いけない人だと思うのです。。。

今までにも、何度も会えるチャンスはあったのですが、
タイミングが合わず、会えなかった。。。

でも、いつかは、こうして、必ず、会うと言う事は
「必然」だったのだと思うのです。

「出会い」ってそういうものなのかな。。。って思うんです。

先日も、
もう、10年いじょうは会っていない、
大先輩から、突然連絡があって、

それは、仕事の事での相談だったのですが、

昔話から、最近の話から、そして、
依頼を受けた仕事の話から、

頻繁に、連絡を取り合うようになっている。。。

「出会い」と同じように「再会」だって、

偶然ではなく、「必然」だと思う。。。

お互いに

「想い」
があれば、

きっと、引き寄せ合うんだな。。。って思う。。。

「出会い」とかって、
そういう「想い」があって、
成り立っているものだと思うんです。。。

逆に言えば、
出会っても、
付き合いが始まらない事もあれば、
いつの間にか、自然消滅してしまう事だって
珍しくない。

それだって、偶然ではなく、必然だと
思うんです。。。

出会わなければいけない人とは、
必ず、いつか、出会うんだろうと思う。。。

世界に、何億人と言う人がいる中で、
自分が、一生のうちで出会える人って、
限られていると思うので、

その「出会い」に感謝して、
「出会い」に感謝する気持ちがあれば、

その人に対しての対応、態度もきっと見えてくると思う。

大切にしていきたいですね。。。
posted by タンジェント at 11:18| 独り言

2018年09月29日

反省

タレントの
「吉澤ひとみ」
が酒気帯び運転、
そして、その後、ひき逃げををした事件で、
保釈された時の様子を
ワイドショーなどで、放送されていました。

2018092700046_1.jpg


絶対にあってはならない事を
してしまったので、

それなりの制裁を受けるのは当然の事。

このコーナーでも話題にしましたが、

飲酒運転、酒気帯び運転
って、
確信犯なんですよね。

他の交通違反とはちがって、

気が付かなったと、たまたまとかって言う
言い訳は一切、通用しない。

お酒を飲んだ事に気が付かず、
車を運転してしまったと言う事は、
あり得ない事なので、

絶対に言い訳の出来ない確信犯なので、

いくら罰則を重くしても私は良いと思っている。

二度と、運転免許を与えないくらいの罰則を
与えても良いと思っているくらいだ。

そして、
この人の場合、
「ひき逃げ」もやってしまっているので最悪。

結局、

お酒を飲んで運転しているから、

事故を起こしても、
逃げてしまうと言う悪循環。。。

相当な、罰則が与えられて、
社会的な制裁も受けるのは当然の事だと思う。

もちろん、
本人も、反省しているんだと思う。

これで、反省しなければ、
人として、どうなの???って事になって
しまうだろう。

でもでも、
私は、ちょっとだけ、
ワイドショーなどでの取り扱い方に

「???」と思う事があって、

こういう事を、
TVなどで話題にする事で、

飲酒運転がなくなればそれにこした事は
ないと思うのですが、

あまりにも、「度」が過ぎると、

この人が、
「見せしめ」のようにもなっているように
見える。

芸能人なので、
仕方ないと言えば仕方ない事なのかもしれない。

でも、
昨日、どこかのTVでは、

「〇〇評論家」「〇〇研究の人」
みたいな人が出てきて、

保釈の時のこれは、

完璧に
「演出」されたものだ!
とか、

反省の態度が完璧過ぎて。。。
みたいなコメントをしていた。

少しでも、
自分の印象を良くするために、
完璧な演出をし過ぎている。。。みたいな。。。

こういう事を言いだしたら、
キリがない。。。

何をやっても叩かれるのは仕方ない事だと
思うが、

「揚げ足取り」
みたいな事ばかりを言ったりしている

「〇〇評論家」みたいな人が、多すぎる
ような気がして、

それには「違和感」があるのは
私だけでしょうか。。。

まぁ〜、
そういうのをTVでやっているのを、
結局は、私も見てしまっているので、

TVはそういう事をやるのだとは思うが、

でも、今回の事件に限らず、

人の悪ところ、悪いところを探しては、
そこを突くと言う流れ。。。

ネットなどでも、相変わらず、
そういう事が多い。。。

なんかね、
そういう事が多過ぎる現状って、

なんか、寂しいな。。。悲しいな。。。
って感じがしますね。。。

他人の幸せよりも、不幸の方が、
気軽に見れるって言うのが、
なっか、嫌ですね。。。

人の好いところを見つけて、褒める事よりも、

人の失敗なんかを見つけては、
アレコレ言いたがるパターン。。。

ちょっと、寂しい気がします。。。
posted by タンジェント at 11:49| 独り言

2018年09月28日

昨日に続き

昨日の
「プロスポーツ選手」の話題に
続き、
今日も、
「プロスポーツ選手」の話題。。。

今日は、
スポーツ選手の

年収。。。

世界のスポーツ選手の「年収」なんですが、

驚きます。。。

現在、
世界で最も稼ぐ、スポーツ選手は、

ボクサーの「メイウェザー」。

G20150502010278250_view.jpg


その年収は、
300億とも、400億とも言われていて、
はっきりと、
いくらか?と言うのはわかりませんが、

想像も出来ないほどの金額を稼いでいる。

たぶん、
本人も分からないくらいの金額だろうし、

ここまでの金額になると、

「お金」と言うよりも、
単なる「数字」に思えてくるのではないでしょうか?

一般の人が、生涯で稼ぐ金額を
「1か月」もかからないで稼いでしまうと言う

同じ人間でもこんなにも違うのか。。。
って感じ。

でも、
スポーツ選手の中で、

最も稼ぐスポーツ選手は、ボクサーの
「メイウェザー」なんですが、

トップ50
の中には、ボクサーは、この「メイウェザー」と
もう一人しかいないらしい。
もう一人と言うのは、

「パッキャオ」。。。

ではでは、
世界中のスポーツの中で、

どんなスポーツが一番稼ぐ事が出来る
プロスポーツなんでしょうか。。。

ダントツで、高年収なのが、

アメリカ「NBA」のバスケットボール。

そして、

アメリカンフットボール

そして、
野球。

アメリカでの
3大スポーツは、かなり稼げるようだ。

それ以外では、

ゴルフ。テニス。サッカー。
などの、
やっぱり、
メジャースポーツ。
F1レーサーも相当、稼いでいるらしい。

日本人のスポーツ選手では、
誰が一番稼いでいるのでしょうか?

テニスの「錦織選手」のようです。

世界のスポーツ選手の
トップ50の中にも入っているようです。

もちろん、
トップ50の中に入っていなくても、

一般の人が稼げる事が出来る金額よりも
はるかに多い年収のスポーツ選手は、

ゴロゴロいるようです。

そんな話題を目にすると、

私のような
貧乏暇なし。。。
みたいな庶民は、

一年間くらいだけ、ちょこっと、
活動して、
あとは、何もしないで、のんびり過ごしましょう。
なんて思ってしまうのですが、

結局は、
そういう事を考えている人は、
そういう状況には絶対にならないと言う事。

想像も出来ないほどのお金を稼ぐ人って、
お金のためにやっていない部分が大きいのだと
思います。

スポーツ選手に限らず、なんでもそうなのかもしれません。

逆に言えば、
お金のためにやっている間は、
それなりの「稼ぎ」だと言う事なんでしょうか。。。

なかなか、難しいですね。。。

まぁ〜、お金があるところには、

良くも悪くも、色々な人が集まる訳で、

嫌な事、大変な事も沢山あると思うのですが、

貧乏人にはお金持ちの気持ちは分からないし、

お金持ちには貧乏人の気持ちは分からない。

お金持ちでも、貧乏でも、

絶対的な「幸せ」って言うのは、
なかなか難しい事なのかもしれませんね。

「隣の庭の芝生は青いな〜〜〜」
と思うよりも、

自分の「器」を知り、
「身の丈」を知って、

その中での「最高」を目指していくのが、

一番なのかもしれませんね。。。

とは
言うものの、

やっぱり、
自分の好きなスポーツをして、

驚くほどのお金を稼いでいる人が
羨ましいと思ってしまう
私は、一生、貧乏人として、

過ごしていくのでしょう。。。
posted by タンジェント at 12:05| 独り言

2018年09月27日

プロスポーツ

日本のプロ野球は。。。

セ・リーグは、

「カープ」が3連覇。

jpp028412099-e1537969076803.jpg


独走で優勝を決めた!

とにかく、

「カープ」の強さが目立った
セ・リーグのペナントレースだった。

優勝を決めた後の
恒例の「ビールかけ」は、
本当に楽しそうで、

選手が、

「このために頑張ってきた」って言うのも、
わかるような気がする。

キャンプから大変な練習をしてきて、

プロ野球は、シーズンが長い。

良い時もあれば、悪い時もあって、

その結果、優勝。。。

どんな気持ちなんだろうか。。。

本当に嬉しそうだ。。。

「カープ」は本当に、
広島で愛されているチームなんだと思う。。。

こんな優勝を決めた
もう一方で、

引退などの話題もある。。。

今シーズンも、引退する選手が沢山いますね。

「松坂世代」と呼ばれている選手も、
多くの選手が引退するようです。

ニュースなどで、

「〇〇選手、引退」とニュースになる選手は、
本当に、活躍した選手で、

幸せだと思う。

こういう選手よりも、
はるかに多くの選手が、

何も話題にもならずに引退したり、

戦力外になったりするのが現状。。。

現役を続ける意思があれば、

トライアウトを受ける選手も沢山いる。

IMG_7878-550x366.jpg



それでも
ダメなら、「引退」するしかないんですね。。。

本当に、厳しい世界だと思います。

引退してから、球団のスタッフとして、
残る事が出来れば、全然、幸せな方で、

ほとんどの人は、
突然「無職」の身になってしまうと言う
現実。。。

ある日、突然、「リストラ」にあうようなもので、

再就職先も全く決まっていなければ、
本当に、途方にくれてしまう状況が、

多くのプロスポーツ選手の現実なのかもしれない。

たぶん、
現役の時には、
もし、そうなった時のために。。。
なんて、準備をしている余裕など
ないのだろう。

プロスポーツ選手って、
凄く、華やかで、
多くのファンにとっては、「ヒーロー」なのかも
しれないが、

実は、
全く逆の事が隣り合わせにあると言う事。

結果が出なければ、
「ダメ」と言う

私が思うに、最も厳しい職業のような気がすr。

そういう事が現実あるからこそ、

ある程度の結果を残して、
さらに、チームが優勝。。。
って事になれば、
それは、それは、喜びだって、
ビールかけのシーンのように、

爆発するんでしょうね。。。

でも、やっぱり、

ビールかけのような、
絵に描いたような幸せと、
真逆の事が常に、隣り合わせにあると言う
現実。。。

プロスポーツの世界って、
それほどまでに、厳しい世界だと言う事を

ビールかけを見ながら思ってしまう。。。
posted by タンジェント at 13:02| 独り言