2019年07月14日

吉田栄作

「吉田栄作」と言う俳優。

私達世代の人は知っている俳優さんですよね。。。

一昔前の
「トレンディードラマ」には欠かせない
俳優さんだったと思います。。。

「吉田栄作」の
髪型「ツーブロック」なんかも
流行りましたよね。。。

昔のイメージからすると、

ザ・「爽やか」と言うイメージなんですけど・・・

ighb.jpg


ところが、

最近、たまたま見た
ドラマ
「天 TEN」


吉田栄作が出演していて、

これがまた、
昔のイメージ、

私が思っていたイメージとは、

全く違っていて、
とにかく、
格好良いです。。。

391754.jpg


このドラマ
「天」

私好みで面白い内容なんですが、

格好良いんです
「吉田栄作」が。。。

「オレがオレじゃなくなるのが怖い。。。」
ってセリフ。。。

しびれましたよ。。。

俳優さんに限らず、
スポーツ選手もそうだし、
もちろん、
一般の人もそうなんですが、

必ず、
格好良い年の取り方ってあると思うんです。

若い時は、

男も、女も、

若さだけで、どうにでもなったと思うのですが、

年を取るごとに、

「誤魔化し」みたいなものが通用しなくなると
言うか、

「若さ」とか、「勢い」みたいなものだけでは、

「誤魔化し」きれないと言うか。。。

年を重ねるごとに、

格好良くなっていくと言う事こそが、

本当の格好良さのような気がします。。。

単純に、格好良いと言う事ではなくて、

男も、女も

「セクシー」
と言う事。。。とっても、大切な事だと思います。。。

男も、女も、
年を重ねるほどに
「セクシー」になっていく事って

それこそが、

格好良さだったり、
美しさだったり
だと思いますね。。。

そのためには、

常に、
その事を意識していき事。
それを、常に、意識する事で、

日常の生活が充実すると思うし、
日常の生活が充実すると言う事は、

その人が
魅力的に見えると言う事。。。

この「連鎖」が、
格好良さ、美しさ
と言う形になって見えてくるのだと思います。。。

逆に言えば、
そんな事など何も気にしずに
生活を送っていれば、
結果、

「それなり」
の時間を過ごしているだけと言う事
なのかもしれません。。。

内面から、出る
本当の
格好良さ、美しさを追求して、
求めていく事って

単に、見た目だけではない、
本当の
魅力があって、

「セクシー」なんだと思います。。。

それには、やっぱり、
努力も必要ですね。。。

格好良く、美しく、

目指していきましょう。。。
posted by タンジェント at 13:19| PEOPLE

2019年07月13日

村田

私の好きなアスリートの一人
ボクサーの「村田選手」

origin_1.jpg


王座を奪還しました。

強かったです。




格好良かったです。


プロスポーツ選手って、
ホント、
過酷な職業だよなー。
っていつも思いますが、

その中でも、

ボクサーほど、過酷な職業はないと思いますね。

もちろん、
試合の時もそうですが、

試合に臨む前の練習だって、
相当きついと思う。。。

なんと言っても、
「減量」と言うのがある。

ギリギリまで、体重を落として、
それで、試合に臨まなきゃいけないって、
考えられないです。。。

勝てばいいけど、
負ける可能性だってある訳で、

勝者と敗者の
天国と地獄ほどの「差」。

昨日まで
「世界チャンピオン」だと
崇められていた人でも、

負け瞬間に敗者になり、

同じリングの上では、勝者が、
思いっ切りスポットライトを浴びて、
祝福されている
と言う。。。

こういう事も
ぜーーーんぶ含めて、
だから、
ボクサーって格好良いんだと思いますね。。。

もしも、
生まれ変わったら、

ボクサーを目指そうかな。。。?
まぁ〜、
無理だけど。。。
posted by タンジェント at 10:46| PEOPLE

2019年06月20日

二人の男

今回のこのコーナーで、
二人の男を紹介したいと思います。

まずは、この方。。。

このコーナーをチェックしている方は、
ご存知かと思います。

64423500_2446829155549887_6716646144417464320_n.jpg


「パンチくん」です。

「NBC」がサポートする
アマチュアサーファーです。

フリーサーフィンはもちろん、
コンペも頑張っています。

先日、開催されたコンテストでも、
地元のホームポイントでの開催と
言う事もあり、
確実に勝ち上がっていました。

コンディション不良のため、
延期になり、今週末に、残りのヒートが
行われるようです。

次は、セミファイナルになるので、
SFをメイクして、ファイナルへ!
そして、目指すは「優勝」。。。

みなさん、応援宜しくお願いします。

そして、
もう一人紹介したい方が。。。

13828.jpg

「理容白石」オーナーの
「白石氏」です。

自らが経営する「理容白石」に関する、

ユニフォーム、普段着など、
オリジナルウエアーに関する事は、
ほとんど、全てを任せられています。

そして、第三者からの目線を大切にする、
「白石氏」は、ユニフォームなどだけではなく、

店全体、そして、自分自身を含めた
「トータル」での「ブランディング」と言う事に、
かなりこだわっていて、大切にしている方で、

それらの事にも、関わらせてもらっています。

全くタイプも違いえば、
普段の生活スタイル、趣味、仕事、などなど、

共通する部分は、ほとんどないように思える、
今回のこの二人。。。

しかし、
そんな二人なのですが、確実に、共通する部分が。。。

それは、
常に、
高いレベル目指していると言う事。
そして、それを、思いっ切り楽しんでいる事。

高いレベルを目指すと言う事って、
そう、簡単な事ではないと言うか、
やっぱり、大変な事も多いと思います。

それは、時間や、お金などもかかる事になるので、

大変な事は多いんです。。。
でも、
やっぱり、
そこで、妥協をするのではなく、
常に、高いレベルを目指す。。。

まぁ〜、まぁ〜、程良く。。。
みたいな事では
気が済まないのでしょう。。。

そして、
高いレベルを目指す事で、
色々な大変な事もあるはずなのに、
それを、楽しむ事が出来る。
実際に、本人は、必死で、楽しんでいる余裕など、
ないと言うかもしれませんが、
少なくとも、
私から見ると、確実に楽しんでいるように
見えるのです。

この、
大変な事があったとしても、
楽しんでいるように見える
って事って、凄く大切な事で、
結果、
そういう人って、

「魅力的」なんですよね。。。

全くタイプの違う、
この
男二人なんですが、

凄く「魅力」のある男なんです。。。

こんな
「魅力的」な男を目指していきたいですね。。。
posted by タンジェント at 12:10| PEOPLE

2018年05月28日

凄い人

もちろん、

皆様、ご存知の通り

歌手としても、
タレントとしても、
大活躍されていた

「西城秀樹さん」が
亡くなられました。

有名人の人が亡くなると、
いつも、思う事なのですが、

本当に、凄い人って、

生前からそうなのですが、

亡くなった時に、
本当の凄さみたいな事に気が付きます。

もちろん、
有名人に限った事ではないのですが、

亡くなった時に、
その人の本当の凄さって分かると言うか、
気が付くのですね。。。

そう考えると、
「西城秀樹さん」ってやっぱり、
本当に凄い人だったんだと
改めて思いますね。。。

亡くなったと言う事が、

TVや、雑誌、新聞、ネットなどで、
話題になる人って、
そうそういる訳ではないので、

それが、
ここまで、
話題になるだけの人って、

凄い人だったんだと思うし、

若い人達や、子供たちは分からないが、
すくなくとも、

私世代の人で、

「西城秀樹さん」の事を知らない人は
いないだろうと思う。。。

ただ、有名だから良いと言う訳ではなく、

多くの人に愛されていた人って、

凄い人なんだと思う。。。

出来れば、
自分も、そんな生き方が出来ればいいなと思う。。。

死んでしまってからは気づかない事なので、
生きているうちに、

自分が死んだ時に、
そう思ってもらえるような
生き方をする事が大切な事なんだと思う。。。

私個人としては、
「西城秀樹さん」と言えば、
コレですかね。。。



posted by タンジェント at 15:59| PEOPLE

2018年04月27日

衣笠

プロ野球好きの私としては、
やっぱり、
この話題に触れない訳にはいかない。。。

先日、亡くなられた

「衣笠氏」

201804240000358-w500_0.jpg


プロ野球選手としては
もちろんですが、

人として、
素晴らしい人だと思います。

誰もが認める
「人格者」だったと
多くの人が語っています。。。

広島カープ一筋の
「衣笠氏」が

現役引退後、

監督や、コーチとして、

広島カープのユニフォームを
一度も着なかった事は、
不思議だったのですが、

とにかく、
曲がった事が嫌いな性格だった
「衣笠氏」
だったので、

経営陣との確執があったのだとか。。。

でも、
私は、
そういう人がいても良いんじゃないか。。。
って
思う。。。

ある程度の成績を残し、
現役を引退したら、

コーチなどを経て、
監督に。。。

プロ野球選手になったからには、

引退後は
プロ野球チームの監督になりたいと
思う人は多いだろう。。。

でも、
衣笠氏は、
自分の意見や、気持ちを
曲げてまで、
コーチや、監督になる事に
こだわらなかったのだろう。。。

意地を張り通す

格好良さが衣笠氏に感じますね。。。

そんな
男らしい人なのに、

試合中、デットボールを受けても、

怒ったりした事がないと言う
衣笠氏。。。



優しさと言うか、
心の広さと言うか、

男らしさ、格好良さがあると思います。。。

わざと、狙って当てた訳ではない
投手に対して、
怒りを表す必要はない!
と言う
衣笠氏の
男として、選手としての、

「余裕」
みたいな事が感じられます。。。

今のプロ野球界に
衣笠氏のような選手はいないし、

たぶん、
これからも現れないような気がします。。。

これは、選手としての個性も、
これだけの成績を残すと言う
実績にしても、

日本のプロ野球界の偉大なる選手であったことは
間違いないと思いますね。。。

広島カープでは
背番号「3」は永久欠番となっている意味が
わかりますね。。。

選手としても、
解説者としても、

私の好きな人でした。。。
posted by タンジェント at 13:15| PEOPLE