2020年03月22日

オリジナルウエアー

常連様で、仲良しの「まっちゃん」。

個人で、モータース
「カーサポート・マツシタ」を経営しています。

先日、
この「まっちゃん」から、

Tシャツって、2〜3枚からでも作れますか?
の質問がぁ。。。

もちろん、1枚から大丈夫ですよ。。。

どんなオリジナルウエアーを?
と聞くと、

車検場に行くと、車屋さんの人達って、
ほとんどの人が「ツナギ」を着ていて、
なんか、異様な感じがするんですよ。

実際に、自分も、仕事の時はツナギを着ているのですが、
ツナギはもう着るのをやめようと思って。。。

そこで、
これを機に、オリジナルウエアーを作ろうかと。。。
と言う事で、

早速、企画の打ち合わせ。。。

いかにも「モータース」って感じのデザインは
嫌なんです。
と言う事で、話は始まり、

店のロゴマークみたいなものもないので、

マークから作って欲しいと言う事になりました。

一見、「車屋なの?」って感じがするような
デザインがいいんですよねー。
って事で、
まずは、
ロゴマークを考えていく事に。。。
私の中では、
「まっちゃん」の
「車屋なの???」って思うような
と言う言葉が凄く印象に残ったので、

この
「車屋なの???」の
「?」マークを
利用してみようかと。。。

そして、

デザインを提案したのが、これ。。。

名称未設定-59.jpg


このデザインにいくつくまでには、
数々のアレンジを繰り返した訳ですが、

ただ、
「?」マークをロゴマークにするのも
あまりにも
意味がなさ過ぎるので、
色々とデザインをしながら。。。

アレンジしていくうちに、
このマークの形にたどり着いたのですが、

この形、実は、
車の「底」の部分の
エンジンからマフラーにかけての
形を意味しているのです。

そして、マフラーの出口から
排気ガスが飛び出ている雰囲気を。。。
この部分は、良く見ると、

「マツシタ」の
「M」が隠されているのです。

ロゴマークって、
どれだけ、シンプルに仕上げるか?って事が
重要で、でも、それが、一番難しい事だと
思っているのですが、

私の中では、凄く気に入っているデザインに
仕上がりました。。。

そして、
このロゴマークをオリジナルウエアーに仕上げていく
のですが、

少し動きを出すために、
ウエアーに使用する時には、

傾けたりしながらデザインを設置する事で、
動きをつけてみました。

4282.jpg


後ろ側は、
「まっちゃん」が最初からこだわっていた
位置にセッティング。

4271.jpg


この位置にプリントのセッティングは、
着た時に凄く格好良いと思います。

4270.jpg


フロント側は、
無難に。。。

4269.jpg


作業する時の事も考えて、
Tシャツの素材は、
ドライ系の素材にして、カラーは、「ブラック」。
出来るだけ、汚れが目立たないように。。。

プリントカラーは、
色々なカラーパターンを試してみました。

これは、完全に仕事着し着用するので、

これを着たら、仕事モードになるなーーー。
って事で、
デザインも、仕上がりも凄く満足してくれました。

やっぱり、
デザインに、オーナーの思い入れが
入ったものを身に着ける事で、
仕事に対する気持ちは、変わると思います。

そういうものを身に着けて仕事をするって
事は凄く大切な事だと思います。

今後の「商売繁盛」を願いたいと思います。

渾身の作品です!
posted by タンジェント at 12:07| 日記

2020年03月02日

穴掘り職人の

少し前に。。。

もう、どれくらい昔からでしょうか。。。

「NBC」がスポンサードをさせてもらっていた
元日本チャンプの「MIYUKI・ONOZATO」。

現役を引退したタイミングで、
「NBC」として、スポンサードも終了したのですが、

それからも、
ずっと、お付き合いをさせてもらっていて、

本当は、
サポートする「メーカー」の立場の私が、
サポートが終了した事で、
疎遠になっていっても、不思議ではないのですが、

現役を引退してからも、
ずっと「NBC」の事を気にかけてくれて、

同時に、私の事も気にかけてくれて、
そんなことで、
図々しく、「大御所」の今も、お付き合いをさせて
もらっているのです。

日本の「てっぺん」を取った事がある人と言うのは、
日本にどれだけの人が「てっぺん」を取る事が出来るか?
って考えたら、
そうそう、いない訳で、
やっぱり、どんな業界でも、
それが、スポーツの世界でも、ビジネスでも、
芸術、芸能でも、
トップを取る事が出来る人と言うのは、
単に、その事に優れた才能を持っていると言う事だけではなくて、

人間的に、素晴らしい人でなければいけないと言うか、
人間的に、素晴らしい人だからこそ、
トップに立てるんだな。。。
って思います。。。

そんな人と、なかなか、お付き合いをさせて頂く
チャンスもないので、
いまでも、
図々しく、私はお付き合いをさせてもらっているのです。。。
感謝!感謝!です。

前置きが長くなりましたが、
そんな「大御所」が
少し前に、

相棒の「犬」が
庭に掘った「穴」に足を取られて
ひっくり返った
と言う出来事。。。

89356491_514181565906952_4411345340465152000_o.jpg


87904119_514182315906877_4214624237601685504_o.jpg


SNSでそれを知った私は、

こんな風になったんですね。。。
と一つのイラストを。。。

そしたら、そこから、

これをオリジナルのTシャツにして欲しい!
と言う話になって、

もちろん、
大きなケガはなく、完全に「シャレ」で済む
状況のようだったので、

だったら、
ふざけた事でも、真面目にやろう!
って感じになって、

「いくらくらい出来る?」って言われた時点で、
私の場合は、
遊び、趣味ではなく、
「仕事」になるので、
そりゃー、
100%本気モードですよ。

単なる軽い気持ちで、「シャレ」の延長で
仕事をやっているようだと、
そういう事は
バレますからね。。。

特に、
トップまで上り詰めたような
「大御所」にはすぐに、バレるんですよ。。。

そんな事も、ふまえて、
大真面目に
企画、デザイン、生産をしましたよ。。。。
それが、こちら!

89054762_514181529240289_1283698225068376064_o.jpg


こんな
物語があって、それを、自分だけの
オリジナルTシャツにして、
それを実際に着て、
この、「憎めない」犬と一緒に、生活を送る。

いつもの生活よりも、少しだけでも、
愉快で、楽しくなったら、
それって、素晴らしい事だし、素敵な事だと思います。。。

ウエアーや、身に着けるものには、
確実に、
そんな力があると思っています。。。
もしも、
そんな事を少しでもお客さんが感じてくれたら、
私の仕事が
ちゃんと出来た。。。
「合格」って事なのかな。。。
って思っています。。。

これからも、そんな気持ちを持って、
仕事をしていきたいと思っています。。。
posted by タンジェント at 17:20| 日記

2020年02月19日

本気

先日、
昔からお付き合いのある、
ある「大御所」の方が、

飼い犬の掘った「穴」に足を取られて
転んだ。。。
って話を聞いて、

とりあえずは、大きなケガもなくて、
「穴」を掘った犬も憎めないのよねー。
って感じで、

image1_35.jpg


「シャレ」で済む話だったので、

じゃー、
その時の状況って、こんな感じですね。。。?
みたいに、
イラストにして、お見せしたら、

これ、いいじゃん!と喜んでくれて、

Tシャツにしてよ。。。と言い出したんです。

「本気」でTシャツにするなら、

やっぱり、
デザイナーとしても「本気」になる訳で、

冗談半分で作った、イラストでは
気にいらないので、

「本気」でデザイン制作に取り掛かる事になりました。

こういう
「バカげている」と思うような事でも、
それを、
「本気」で「真剣」にやる事で、

本当に、面白い物、良い物が出来ると思うのです。

私の場合は、
「服」を作る事を仕事にしている訳で、

本当にやるんだったら、やっぱり「本気」に
なる訳です。

考えている事を「形」する事って、
凄く、面白い事なんです。

「服」の場合は、それが、出来上がって、

「着る」と言う事まで、考えて作っていくので、

出来れば、
人に、自慢したくなるような物を提供したいと思う。。。

そのためには、
「適当」ではなくて、「本気」で進めていかなければ
いけないと思うんです。

「本気」でやるから面白いのだと思います。

お笑い芸人の人達だって、
漫才や、コントなんかも、

行き当たりばったりで、適当にやっている訳ではなくて、

何度も、何度も、稽古をしたり、打ち合わせをして、
ちょっとした言葉使いも、変えたり、調節したり
して、
一つの「ネタ」を作り上げていくんだと思うんです。

だから、面白いんだと思います。

ほんの一言の「言葉」だって、
これにするか?違う言葉にするか?って
とか、
ちょっとした「間合」みたいなことまでも、計算して、
完璧な「ネタ」に作り上げていくのだと思います。

デザインだって、それと、同じで、

1mmの違い違いにもこだわってこそ、

「本物」だと思うのです。。。

そこに、
お金の動きが発生する以上、
やっぱり、
プロの「仕事」をしなければいけない訳で、

「本気」で取り組むからこそ、

そこには、レベルの高い「面白さ」みたいなものが
あると思います。

趣味であれば、好きなようにやれば良いと
思いますが、

正式に、仕事として、「依頼」があれば、
やっぱり、
どんな事でも、
「本気」「真剣」にって事はとても
重要な事だと思います。。。

今回の私へのご依頼も
まさに、それなので、

とにかく、大きなケガがなく、
完全に「笑い」で済むと言う事が確認できたので、

他の人が見れば、単なる「遊び」的な企画に
思えるかもしれませんが、
それを、
「本気」
で手掛ける事で、
本当に、「おもしろ」物が出来ると思っています。

本気で、「バカ」をやる。。。って事。
凄く大切な事だと思います。。。
posted by タンジェント at 11:45| 日記

2020年02月13日

富士そば

今日は、
地元静岡は、
「23度」まで気温が上がる予報。

「23度」って、もう少し上がったら、
「夏日」になるじゃん。。。って気温。
まだ「2月」で、「2月」は思いっきり寒い時期な
はずなのに。。。

昨日、常連さんが夕方に来店してくれて、
その時に、
とっても、嬉しいものをプレゼントしてくれましたよ。

hujisoba.jpg


あの
「富士そば」のカップ麺。
こんなものがあるとは知りませんでした。

日本でもっとも、有名なそば屋さんではないでしょうか?
「富士そば」。

20160925173756.jpg

たしか、
「富士そば」って東京都内にしかなかったような。。。
もしかしたら、
東京近郊にはあるのかもしれませんが。。。

東京に住んでいる時には、何度か行った事はあるのですが、
それからは、行った事がないですね。。。
基本、店は、街の中にあるので、

駐車場はないんです。
ですので、
私の場合は、営業の旅で、東京都内に行く事は
あっても、
「富士そば」に行くタイミングはないんですね。。。

典型的な「立ち食いそば屋」スタイルで、

旨い!安い!早い!
1b33fd3c9f24bbd0412a465781ceeff5.jpg


そば屋さんって、街にも普通にあって、
珍しい店ではないのですが、
案外、この立ち食いスタイルのそば屋って、
ないんですね。

昔は、駅のホームに、立ち食いそば屋ってあったりもしたんですが、
今は、ほとんど、電車にのる事もないし、
わかりませんが、
今でも、駅のホームに立ち食いそば屋ってあるのかな?

高速道路のパーキングなどにも、
似た感じの店はあるのですが、
でも、最近は、
大きなサービスエリアは、
「フードコート」スタイルになっているし、

昔はなかった「コンビニ」が今はあって、

昔ながらのスタイルのパーキングの食べ物コーナーも
少なくなってきているような気がします。

本格的なそば屋のそばも良いのですが、

やっぱり、
私は、立ち食いスタイルのような店の
「そば」が好きですね。。。

安っぽい感じと言うと失礼なんですが、
そんな感じの「そば」。。。

もともと、
「そば」って昔はそういうものだったと聞いた事が
ありますが。。。
せっかちな「江戸っ子」の食べ物。。。みたいな。。。

と言う訳で、
「富士そば」カップ麺を最高においしく頂きました。
posted by タンジェント at 10:40| 日記

2020年01月20日

道具

昨日、
地元の街の駅伝大会は中止になりましたが、

広島では
都道府県男子駅伝大会が開催されました。

私の地元「静岡」は
5位。。。頑張りましたねー。

TVでちらっと見ましたが、

一緒にTVを見ていた
うちのチビ太郎が、
一言

「みんな一緒の靴じゃん。。。」と。

BBZ6mZl.jpg


そうです!
今、話題の
「ナイキ」の厚底シューズです。。。

HO19_RN_Zoom_Next_Connect_2.jpg


カラーも派手なピンクなので、
目立ちます。。。

新年の
箱根駅伝でも、ほとんどの選手がこの靴を履いて
走っていて、
衝撃的な記録が続出で話題になりましたね。。。

で、
今後、このシューズ、どうなるんでしょうか?

世界陸連は、禁止するとか、しないとか。。。

以前も同じような事があって、それが、

競泳の全身スーツみたいな水着。。。
結局、この水着は禁止になったようで、
今では、これを着ている選手はいなくなりました。。。

スポーツの世界で、
その種目によっては、

使う「道具」って、とっても重要な事。

どこまでが良くて、どこまでがダメって言うのが、
とても難しい。

世界のトップクラスの選手になれば、

0.01秒でも速く。。。って事を目指していく訳で、
そのためには、
より良いものを使いたいって思うだろうし、

でも、
使う道具が
良いのか?ダメなのか?って、
凄く難しい。。。

スポーツって、
何らかの「道具」を必ず使って競う訳だから、
より良いものを使って
「勝ちたい。」と言うか、
それが、
「違反」でなければ
それを「使う」と言う選択をするだろうと思う。

道具を開発する方も、より良いものを提供しようと
常に、研究、努力をしていると思う。

ただ、
どれが、良くて、どれがダメなのか?って言う事が、
曖昧で、
新しいものが世の中に出てきてみないと
良い、悪いって事は決めれないんですよね。。。

って事は、今回の
シューズの問題にしてもそうだし、
競泳の水着にしてもそうですが、

協議、大会を主催する側がそれを用意して、
それをつかって、競技に参加しなさい。。。
って事が一番分かりやすいとは思いますが、
競技によってはそういう訳にもいかないのかな?

例えば、
ボクシングは、グローブは、用意されたものを
つかって、試合する。

でも、全部の競技に単純にそういう事が
当てはまるか?と言えばそうでもないだろうし。。。

じゃー、
陸上競技なども、
いくつかの靴を用意してその中から選んで、
走る。。。って事にするのが一番、公平なのかな?って
思うけど、今後、そうなる時がくるのかな?

道具を開発するメーカーは、
より早く走れるシューズを開発するだろうし、
それを履いて走ってから、やっぱり、
そのシューズはダメでした。。。って事になっても
困るし。。。

元々、ある程度の実力のある人が、
より良い道具を使った時、
それで、記録が伸びるのであれば、

「使いたい!」って思うのは当然の事だと
思うのですが、

結局は、
良い、悪いって、

追いかけっこになってしまうのかな?。。。
たぶん、シューズも、
もっと、走りやすくて、早く走れるようなシューズが
開発されるだろうし、

どうなるんでしょうか?

どんな基準で、良いか?悪いか?
って事を決めているのでしょうか?

今回の厚底シューズって、
ソールの部分が、なんらかの工夫がされていて、

凄い反発力があって、前進するような構造になっている
らしい。。。実際に、履いた事がある人に聞いたら、

前へ前へ出ていく感じがする
と言っていた。。。
一般の人がそう感じると言う事は、
トップランナーになれば、なおさらだと思う。。。

シューズでこういう事が出来るとしたら、

例えば、
ロングジャンプや、ハイジャンプの競技の場合にも、
シューズの構造をもっと開発すれば、
より遠くへ。
より高く
跳べる事も可能になるんだと思う。。。

そういう事の「規制」ってあるのかな?

そんな事を言い出したら、
結局は、

裸足でやらなきゃいけなくなるし、
競泳は、
全裸でやらなきゃいけなくなってしまう。。。
でも、
単純に考えれば、それが一番
「フェアー」な事なのかもしれないけど。。。

さー、今後どうなる事でしょう???
注目していきましょう。。。
posted by タンジェント at 11:31| 日記