2018年08月15日

キレイな海

やっぱり、
海は、キレイな方が良い。

っと言うよりも、
海に限らず、「綺麗」は気持ちが良い。

しかしながら、
人がいる事で、必ず、「ゴミ」が出る訳で、
でも、

人が出した「ゴミ」を人が、ちゃんと片付ければ
「綺麗」は保つ事が出来るのに、

一部の、そう思っていない「輩」が

海や、山、川で遊んで、ゴミを捨てていったりしてしまう。

「綺麗」を保っていれば、そこに
ゴミを捨てようとは思わないのだと思うが、

一旦、ゴミがあったりすると、
後から来た人も、

「まぁ〜いいかぁ。。。」みたいな気持ちになって
しまう可能性はある。。。

だから、やっぱり、「綺麗」は保っていかなくては
いけないんだと思う。。。

多くの人は、そんなふうに思っているはずなのに、
やっぱり、
「べつにいいじゃん」なんてゴミを捨てていって
しまう悲しい人たちもいると言う事実。

悲しい事です。

39227259_1709753469151037_7346443544359337984_n.jpg



この写真は、
北海道の苫小牧にある、
北海道では、メインのサーフポイントのビーチ。

ビーチに遊びに来て、BBQをやっていたと
思われる人達が、捨てていってしまった
ゴミらしい。。。

酷過ぎますね。

サーファーをはじめ、このビーチを利用する
多くの人が、このビーチを
綺麗に保っていく事で、

気持ち良く、快適にビーチで過ごせるように。。。
って思っているのに、
一部の人のこういう行為で、多くの人が
凄く、不愉快な気持ちになる。

もし、
初めて、このビーチに来た人が、
たまたま、この光景を見たとしたら、

なんだよ!このビーチわぁ。。。と思って
しまうかもしれない。

ローカルの人達が大切にしている場所なのに、
そんな事などお構いなしの「輩」がいる事が
悲しいですね。。。

こんな悲しい輩の行動に屈しないで、

お前たちのような悲しい輩が来る場所じゃない!
って言うふうに綺麗なビーチにしていきたいですね。

やっぱり、
海は、キレイな方が良いに決まっているから。。。

BBDtCoc.jpg



サーファーでだけではなく、

多くの人にとって
綺麗な海は、何事にも変えられない
素晴らしい場所である事は間違いないと思います。

BBDtFDP.jpg


本当は、
何もしなくても、
海が綺麗である事が当たり前!と言う事が
理想だとは思いますが、

なかなかそういう訳にもいかないので、

海を綺麗に保つ努力は、
人がやっていかなければいけない。

BBL4u2u.jpg

そういう努力をして、
海が綺麗であればあるほど、
その「綺麗」は保たれると思う。

BBL7nru.jpg


ビーチに平気でゴミを捨てていくような輩が、
自分達の居場所がないと思うくらいの
綺麗なビーチにしていきたいですね。。。

海や、山、川、
自然を愛する多くの人の力で
綺麗な「自然」を守っていきましょう。

元々、
自然は綺麗なものなのですから。。。
posted by タンジェント at 11:26| 日記

2018年08月11日

車上荒らし

今日から
「夏休み」って人も多いはず。。。

地元は、昨日くらいから、
台風14号のウネリが反応し始めていて、
十分な波が続いています。

お気に入りのポイントには、
いつものメンバーが、
連日の、十分過ぎる波で、

ニコニコ顔。。。

ところが、
私の友人から、悪いニュースが。。。

「最悪」と言うメッセージと一緒に、
写真が。。。

9913.jpg


サーフィン中に車上荒らしにあってしまったらしい。

これは、酷い。最悪過ぎる。

良い波にも何本か乗れたし、
気持ち良かった〜。って
ニコニコで車に戻ったら。。。

これはないよな。。。

でも、悲しい事に、車上荒らしって、

今も、昔もなくならない。。。

世の中には本当に悪いヤツがいる。

サーフィンしていて、
車上荒らしにあったって事が、
そんなに、頻繁に聞く事はないのですが、

忘れたころに、どこかのポイントで、車上荒らしが
あったらしいなどと、
時々聞くのです。

昔のように、車のカギを車の下の方に
隠しておいて、車上荒らしにあうと言うのは
減ってはいるようですが、

逆に言えば、車のガラスを割ってしまうという
荒っぽい車上荒らしが増えているらしい。2〜3人の
グループで、
見張り役みたいな人と、実行役みたいな人に
別れて、車上荒らしをすると言う、
正に、犯罪行為がいつまでたってもなくならない。

こういう車上荒らしには
ドライブレコーダーみたいなものが役に立つ
と聞いたりもするが、
ドライブレコーダーごと壊されてしまう事も
あるらしい。。。

じどーしようもないのでしょうか?防ぎようはないのでしょうか?
本当に、悲しい事だと思います。。。

たぶん、これからも、
全国のどこかで、車上荒らしの被害はあると思うし、
なくなる事はないと思うのですが、

世の中から、車上荒らしがなくなる事を願う
ばかりです。。。
posted by タンジェント at 15:53| 日記

2018年07月28日

NBCキャップ

年間を通じて、
地味に人気なのが、
「NBC」のキャップ。

私自身があまり、キャップを被る方では
ないので、

それほど、キャップに執着する事もなく、
自分自身のキャップコレクション的なものも
ないのですが、

キャップ好きの好きは、

えぇ???何個持ってるの?って感じで、
沢山のキャップを持っている。

そんなキャップ好きの人からも、
「NBC」のキャップは支持されているわけです。

なので、
毎シーズン、キャップは、常に発表してきている
わけですが、

シーズン毎に、発表する
「定番」のキャップとは、別に、

限定カラーのキャップも発表しています。

限定カラーのキャップは、
基本的には、
その時の気分で、発表しているので、

人気があったり、すぐに売れてしまった
カラーでも、
なくなればそれで終わりと言うものもあれば、

限定カラーだったものが、
定番カラーになったりする事もあるのです。

と言う訳で、

「NBC」キャップコレクション。

まずは、
メッシュタイプから。。。

28667.jpg



28673.jpg



28674.jpg


28672.jpg


そして、
フラットバイザーキャップシリーズ。。。


28670.jpg


28671.jpg


28676.jpg


28677.jpg


さぁ〜、どれにする???

キャップでスタイルが変わりますからね。

夏のファッションは、
キャップで決まる!

是非。。。
posted by タンジェント at 10:56| 日記

2018年07月26日

絶対ダメ

先日、夜の
「21:30」頃。

チビ太郎を迎えに行った帰りの事、

いつも、通る道を車で走っていた時の事です。

私は、チビ太郎と色々話をしながら運転していたのですが、

信号機のある交差点で、

私の進路の信号機は「青」。

もちろん、信号が「青」なので、
止まる訳もなく、普通に通過しようとすると、

右からチャリに乗った女子高生らしき女が、

普通に赤信号を無視して
スピードも緩める事もなく、通過。。。

私は
急ブレーキをかけて、停止。。。

思いっ切りクラクションを鳴らしても
全くの無視。。。

このバカ女子高生、

チャリに乗りながら、
スマホに集中。耳にはイヤフォン。。。

20170213-03.jpg


最低です。。。

車を運転していると、
本当に、
チャリスマホの多さに気が付きます。

特に、
高校生と思われる年代は、
イヤフォンもつけている場合も多く、

ほとんどの人が、
スマホに集中してしまっている感じ。

危なくて仕方ない。。。

この間は、
やっぱり、
チャリスマホの人が、

電柱に激突する瞬間を見たし、

別に、自爆だったら、自分が痛い思いを
するだけなので、まだ良いが、

相手がいる場合は、そういう訳にはいかない。

チャリスマホって、もちろん、大人もいるが、

私の地元では、
チャリスマホの多くが、
高校生、中学生。

チャリの事故だって、
死亡事故になる場合だってある。

未成年者だから、親の責任も問われる事になる。

学校や、家でも、注意はしているとは思うが、

子供なんて、そんな事は無視してしまう。

だったら、チャリだって、もっと厳しく
取り締まる必要があると思う。

スマホの場合は、特に、画面に集中してしまうし、
イヤフォンつけていたら、回りの音なんて聞こえない。

歩きならまだしも、
チャリの場合は、それなりのスピードが
出ているし、
コレが、チャリ同士の正面衝突であれば、
まぁ〜まぁ〜の衝撃になるだろう。

チャリの方が完全に信号無視で、
車との事故の場合、
信号無視をした方のチャリが100%悪いから、

車の運転手は、全く悪くない。。。って事には
ならないと思う。

それに、もし、
かりに、悪くないと言う事になったとしても、
相手の方が死んでしまったとしたら、

自分は全く悪くないから。。。
では済まされないし、今までと同じような
精神状態ではいられないだろう。

自分にも、相手にも、
家族がいたり、友人がいたり、
色々な人達に囲まれている訳で、

多くの人が、悲しい気持ちになる事は間違いない。
そうなると、
多くの人を巻き込んで、色々な人の
人生がそこから狂い始めてしまう。。。

そんな事などの
全く考えていないから、

チャリスマホを当たり前のようにやりながら、
その辺を走っているのだと思う。

とにかく、
多くの人が、スマホに依存し過ぎているのは確かだ。

チャリスマホって、車と違って、それほど、
厳しく、罰せられないだろう。。。

私が見る限りでは、

学生で、チャリに乗っている
3人に1人は、
チャリスマホ状態。。。

国道沿いの道であったり、住宅街の道であったり、

明るい時間帯でも、暗い時間帯であっても、

多くの人が、スマホを見ながらチャリに乗っている。

私に言わせれば、
チャリに乗りながら、スマホを触っているヤツは、

自分はバカです。。。
と回りの人に言っているようなものだとさえ
思う。。。

私の先日の
この出来事は、
それほどまでに、本当に、
怖い思いをしたし、

ホント、一歩間違えれば。。。
と思うと、本当に、恐ろしくなった。。。

あの
チャリスマホ女を止めて、説教しても良かった
と思うくらいだ。


今、どうしても、チェックしなきゃいけないほどの
忙しい学生がよの中にどれほどいるだろうか?

もし、
それくらい、緊急な事で、スマホをチェックしなければ
いけない事であれば、

チャリを止めてチェックすれば良いだけの事。

でも、それをしないのは、

単なる、油断。。。それしかない。

そのちょっとの油断が、

とんでもない事に繋がるかもしれないと言う事を
もっと分からなければいけない。

そうなってからでは
本当に遅いのに、多くの人がわかっていない。。。

こういう事を、誰が取り締まるのが一番、効き目が
あるか?
と言えば、
やっぱり、警察だと思うのです。

隠れて、違反者を取り締まるのも良いが、

チャリが多く通るところで、

学生たちを中心に、チャリスマホを注意する事も
もっとやっても良いと思うのですが、

そんな事をやっているところは、
見た事がない。。。

そういう事を取り締まりながら、
指導していく事も、重要な事だと思うのですが。。。

今でも、日本のどこかで、こうした事理由で、
悲しい出来事がいくつも起きているのだと思う。

そんな事が起きないように、もっともっと、
対策をして欲しいものなのですが。。。

絶対ダメです。

「ながらスマホ」。。。
posted by タンジェント at 11:23| 日記

2018年07月18日

自然の厳しさ

先日、このコーナーでも
紹介しましたが、

「男のロマン」企画、

クワガタ捕獲作戦を決行しました。

夜中「01:30」に出発し、

途中で、腹ごしらえをして、

目的地に向かいました。。。

まだ、暗いの、途中、
街灯の下や、街灯の周辺をチェックしながら
向かったんですが、

最近の街灯は、
虫が寄りにくい光の物だったり、
「LED」なので、

昔のように、
光に虫が寄ってくると言う光景が
ほとんどないのです。。。

計画では、とりあえず、街灯狙いで、
10〜20匹を確保して。。。
なんて、思っていたのですが、

作戦は失敗。。。

que-12149577872.jpg



しかし、
作戦の「本丸」は、
あくまでも、

「クヌギ林」の中に入り、
根こそぎ、捕獲する。

全てのクヌギをキックして、
クワガタを落とし、落ちてきたクワガタを
かっさらうと言う計画。。。

明るくなってきたのと同時に、
作戦開始。。。

クヌギの木には、
「密」がベットリとついていて、
大成功を予感されるコンディション。。。

クワガタ捕りが好きな人なら分かると思うが、

クワガタがいそうな
「臭い」ってあるんです。。。

森の中に漂う、なんとも言えない
「臭い」が。。。

その臭いがプンプンするんです。。。

今回のポイントは、
私は、何度も来ている場所なので、

いつも、かなりの確率で、クワガタがいる
木があるので、そこからチェック。。。

その木には、大量の「密」が出ていて、
早速、大物ゲットの予感。。。

しかし、こまめにチェックするも、
捕獲ならず。。。

軽いウォーミングアップなど。。。
と言うセコイ事は無しで、

早速、作戦開始。。。

手当たり次第に、木をキック。。。

次から次へとキックする。。。

が、しかし、
クワガタが落ちてくる様子がない。。。

それどころか、
いつもいるはずの、
クワガタ以外の虫すらいない感じ。。。

「????」
と思いながら、
次から次へと、ひたすら
キックし続けるが、一向に、クワガタあ
捕獲出来ない。。。

一緒にいった仲間の方も、
全く、手ごたえ無し。。。

1時間ほど、キックし続けたが、
全く、手ごたえ無しのまま、
終了。。。

que-12149577872.jpg

ポイントを移動しようとしていると、

クワガタ捕りに来た別の人と遭遇。
その人は、「神奈川」から来たと言う。。。

軽く、情報交換をしたのですが、

その人曰く、
「14,15,16日」の3連休で、かなりの人が、
ここに入った可能性がある。。。
実際に、クヌギ林の中も荒らされている感じ。。。

その人が、このポイントに来て、
最初に必ずチェックする木があって、

その木にいままで、1匹もいなかった
事はないと言うほどの木。。。

その数本の木は、すでに私たちが細かくチェックしているが、

1匹もいない。。。

結局、
ベテランハンターは、場所を移動すると言うので、

私たちも、別のポイントに移動。。。

しかし、別のポイントも、
いない。。。

また別のポイントも。。。

結局、全く捕獲出来ず、

諦める事に。。。

que-12149577872.jpg


汗だくになり、
体もヘトヘト。。。

私達の捕獲作戦は、
失敗。。。っと言うよりも、
惨敗。。。

自然の中に生きる、
生き物を捕獲すると言う
難しさを改めて痛感しました。

いつも、いるから。。。
いつも捕ってるから。。。

と言う
当たり前に思っている事も、
自然の中では、通用しないんですね。。。

自然の中の生き物って、
養殖されている訳でも、ないし、
人に捕まるために生きている訳でもない。。。

人が、根こそぎ捕ってしまえば、
虫の数はもちろん減るし、

道路工事や、土地の開発などで、
自然環境が変われば、生き物の環境も変わる。

人が生活するのに、便利になって、住みやすくなると
言う事は、自然の中で生きる生き物にとっては、
住みにくくなると言う事。

人は、「便利」になる事を求め、
私も、
実際に、クワガタ捕りに行くのにも、
新しい道が出来て、便利になったぜ!
なんて喜んでいるが、結局
行くのに便利なった事で、クワガタが捕れにくく
なっていると言う事。。。

que-12149577872.jpg



そんな勉強した
クワガタ捕獲作戦
大失敗。。。
の話。。。
posted by タンジェント at 11:27| 日記