2020年02月19日

本気

先日、
昔からお付き合いのある、
ある「大御所」の方が、

飼い犬の掘った「穴」に足を取られて
転んだ。。。
って話を聞いて、

とりあえずは、大きなケガもなくて、
「穴」を掘った犬も憎めないのよねー。
って感じで、

image1_35.jpg


「シャレ」で済む話だったので、

じゃー、
その時の状況って、こんな感じですね。。。?
みたいに、
イラストにして、お見せしたら、

これ、いいじゃん!と喜んでくれて、

Tシャツにしてよ。。。と言い出したんです。

「本気」でTシャツにするなら、

やっぱり、
デザイナーとしても「本気」になる訳で、

冗談半分で作った、イラストでは
気にいらないので、

「本気」でデザイン制作に取り掛かる事になりました。

こういう
「バカげている」と思うような事でも、
それを、
「本気」で「真剣」にやる事で、

本当に、面白い物、良い物が出来ると思うのです。

私の場合は、
「服」を作る事を仕事にしている訳で、

本当にやるんだったら、やっぱり「本気」に
なる訳です。

考えている事を「形」する事って、
凄く、面白い事なんです。

「服」の場合は、それが、出来上がって、

「着る」と言う事まで、考えて作っていくので、

出来れば、
人に、自慢したくなるような物を提供したいと思う。。。

そのためには、
「適当」ではなくて、「本気」で進めていかなければ
いけないと思うんです。

「本気」でやるから面白いのだと思います。

お笑い芸人の人達だって、
漫才や、コントなんかも、

行き当たりばったりで、適当にやっている訳ではなくて、

何度も、何度も、稽古をしたり、打ち合わせをして、
ちょっとした言葉使いも、変えたり、調節したり
して、
一つの「ネタ」を作り上げていくんだと思うんです。

だから、面白いんだと思います。

ほんの一言の「言葉」だって、
これにするか?違う言葉にするか?って
とか、
ちょっとした「間合」みたいなことまでも、計算して、
完璧な「ネタ」に作り上げていくのだと思います。

デザインだって、それと、同じで、

1mmの違い違いにもこだわってこそ、

「本物」だと思うのです。。。

そこに、
お金の動きが発生する以上、
やっぱり、
プロの「仕事」をしなければいけない訳で、

「本気」で取り組むからこそ、

そこには、レベルの高い「面白さ」みたいなものが
あると思います。

趣味であれば、好きなようにやれば良いと
思いますが、

正式に、仕事として、「依頼」があれば、
やっぱり、
どんな事でも、
「本気」「真剣」にって事はとても
重要な事だと思います。。。

今回の私へのご依頼も
まさに、それなので、

とにかく、大きなケガがなく、
完全に「笑い」で済むと言う事が確認できたので、

他の人が見れば、単なる「遊び」的な企画に
思えるかもしれませんが、
それを、
「本気」
で手掛ける事で、
本当に、「おもしろ」物が出来ると思っています。

本気で、「バカ」をやる。。。って事。
凄く大切な事だと思います。。。
posted by タンジェント at 11:45| 日記