2020年01月20日

道具

昨日、
地元の街の駅伝大会は中止になりましたが、

広島では
都道府県男子駅伝大会が開催されました。

私の地元「静岡」は
5位。。。頑張りましたねー。

TVでちらっと見ましたが、

一緒にTVを見ていた
うちのチビ太郎が、
一言

「みんな一緒の靴じゃん。。。」と。

BBZ6mZl.jpg


そうです!
今、話題の
「ナイキ」の厚底シューズです。。。

HO19_RN_Zoom_Next_Connect_2.jpg


カラーも派手なピンクなので、
目立ちます。。。

新年の
箱根駅伝でも、ほとんどの選手がこの靴を履いて
走っていて、
衝撃的な記録が続出で話題になりましたね。。。

で、
今後、このシューズ、どうなるんでしょうか?

世界陸連は、禁止するとか、しないとか。。。

以前も同じような事があって、それが、

競泳の全身スーツみたいな水着。。。
結局、この水着は禁止になったようで、
今では、これを着ている選手はいなくなりました。。。

スポーツの世界で、
その種目によっては、

使う「道具」って、とっても重要な事。

どこまでが良くて、どこまでがダメって言うのが、
とても難しい。

世界のトップクラスの選手になれば、

0.01秒でも速く。。。って事を目指していく訳で、
そのためには、
より良いものを使いたいって思うだろうし、

でも、
使う道具が
良いのか?ダメなのか?って、
凄く難しい。。。

スポーツって、
何らかの「道具」を必ず使って競う訳だから、
より良いものを使って
「勝ちたい。」と言うか、
それが、
「違反」でなければ
それを「使う」と言う選択をするだろうと思う。

道具を開発する方も、より良いものを提供しようと
常に、研究、努力をしていると思う。

ただ、
どれが、良くて、どれがダメなのか?って言う事が、
曖昧で、
新しいものが世の中に出てきてみないと
良い、悪いって事は決めれないんですよね。。。

って事は、今回の
シューズの問題にしてもそうだし、
競泳の水着にしてもそうですが、

協議、大会を主催する側がそれを用意して、
それをつかって、競技に参加しなさい。。。
って事が一番分かりやすいとは思いますが、
競技によってはそういう訳にもいかないのかな?

例えば、
ボクシングは、グローブは、用意されたものを
つかって、試合する。

でも、全部の競技に単純にそういう事が
当てはまるか?と言えばそうでもないだろうし。。。

じゃー、
陸上競技なども、
いくつかの靴を用意してその中から選んで、
走る。。。って事にするのが一番、公平なのかな?って
思うけど、今後、そうなる時がくるのかな?

道具を開発するメーカーは、
より早く走れるシューズを開発するだろうし、
それを履いて走ってから、やっぱり、
そのシューズはダメでした。。。って事になっても
困るし。。。

元々、ある程度の実力のある人が、
より良い道具を使った時、
それで、記録が伸びるのであれば、

「使いたい!」って思うのは当然の事だと
思うのですが、

結局は、
良い、悪いって、

追いかけっこになってしまうのかな?。。。
たぶん、シューズも、
もっと、走りやすくて、早く走れるようなシューズが
開発されるだろうし、

どうなるんでしょうか?

どんな基準で、良いか?悪いか?
って事を決めているのでしょうか?

今回の厚底シューズって、
ソールの部分が、なんらかの工夫がされていて、

凄い反発力があって、前進するような構造になっている
らしい。。。実際に、履いた事がある人に聞いたら、

前へ前へ出ていく感じがする
と言っていた。。。
一般の人がそう感じると言う事は、
トップランナーになれば、なおさらだと思う。。。

シューズでこういう事が出来るとしたら、

例えば、
ロングジャンプや、ハイジャンプの競技の場合にも、
シューズの構造をもっと開発すれば、
より遠くへ。
より高く
跳べる事も可能になるんだと思う。。。

そういう事の「規制」ってあるのかな?

そんな事を言い出したら、
結局は、

裸足でやらなきゃいけなくなるし、
競泳は、
全裸でやらなきゃいけなくなってしまう。。。
でも、
単純に考えれば、それが一番
「フェアー」な事なのかもしれないけど。。。

さー、今後どうなる事でしょう???
注目していきましょう。。。
posted by タンジェント at 11:31| 日記