2019年08月13日

水難事故

ザ・夏
と言う感じの夏休み。。。

全国各地の海水浴場は、
賑わっているようですが、

「水難事故」も多発しているようです。

20190811-00137980-roupeiro-000-17-view.jpg



昨日も、
TVのニュースで、
「水難事故」が各地で起きている事を
やっていた。

水難事故があった海水浴場の様子がTVでも放送
されていたが、

私が見る限り、
あきらかに、
一般の人達が、海水浴を楽しむ感じの

海のコンディションには見えないような
状況で、水難事故が起きているように思える。

「離岸流」にはまってしまい、
流された。。。

泳いで戻ろうとしたけど、全く戻れなかった。
などと、
実際に、溺れそうになって、救助された人が
コメントしていたが、

あれだけの波がブレイクしていて、

そこで、海水浴を楽しむと言うのは
ちょっと、無謀に思える。

髮「蟯ク豬∫判蜒・jpg.jpg



サーフィンで言うところの、
「カレント」と言う事なのですが、

実際に、サーフィンしていも、
このカレントにハマってしまって
流される事はあるし、

サーフボードがあったとしても、

大変な時があるのに、

体一つで、強い流れ、カレントに
立ち向かうのは、かなり無理があると思う。

TVで、海のコンディションを見る限り、

「遊泳注意」になっていたが、
「遊泳禁止」にしなければいけないくらいの
コンディションだったと思う。。。

海水浴客を相手に、仕事をする人達もいるので、
その辺の事もふまえて、

「禁止」には出来ないと言う事もあるのだろうが、

1箇所の場所で、
同時に、30〜40人の人が流されたら、
ライフセイバーだって、
対応しきれないと思う。

でも、実際に、
昨日のニュースでは、
どこかの海で、
一度にそれくらいの人が流されてしまっている。

私が思うに、

「水難事故」の原因は、

「油断」が主な原因だと思っている。

そこで、遊ぶ人も、
海水浴を管理する人も、

「大丈夫だろう。。。」と言う油断。
これが、一番の原因だと思う。

水難事故に限らず、
「事故」って、油断が原因で起きる事が多いのだと
思う。

先日のこのコーナーで話題にした、

「自然の中で遊ぶ事」
って事をもっと、
重く考えないといけないのだと思う。

楽しむために遊んでいるのに、
少しの「油断」で事故が起きてしまったら、

それは、やっぱり、悲しい事なんです。

絶対に、事故はない方が良いのに
決まっている。

事故が起きないためには。。。
って事をもっと、考えた方が良い。

いくら、慎重に考えたとしても、
自然の中で遊ぶと言う事は、
必ず「リスク」がある訳で、
もちろん、「リスク」ばかりを考えていたら、

何も出来ないと言う事になってしまうのですが、


でも、やっぱり、
「休み」と言う事で、気持ちが緩んでしまう事で、
それが、「油断」にもなってしまうので、

「本気」で遊ぶと言う事が大切なのかもしれませんね。

防げる「事故」であれば、
事故はない方が良いに決まっているので、
やっぱり、「油断禁物」だと思います。

今日は、海で遊ぶのは、危険なコンディションなので、
海水浴禁止。。。
と決断する事も大切だと思います。

実際に、水難事故が起きた場合、
救助する方の人も、命がけで救助しなければ
いけなくなると言う事も、忘れてはいけないと
思います。

楽しいはずの
夏休み、海水浴が、

悲しい出来事にならない事を願います。


【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 11:55| 独り言