2019年06月01日

何かを。。。

本日は、
マジメな話。。。

先日の「川崎市」で起きた事件。

絶対にあってはならないような事件が
実際に起きてしまった。

本当に、最悪な事件です。

f1c731b0249474f2b92aa73604ca7603_content.jpg


これから、
どうやって、
自分の身を守っていくのか?

地域の子供達をどうやって守っていけなかければ
いけないのか?

本当に、物騒な世の中なので、

少しでも、安心、安全に過ごせるために。。。

みたいな事を色々考えていたのですが、

昨日、お客さんで、、会社の社長さんと、
仕事の打ち合わせをしながら
そんな話になったんです。

その社長さんは、
今後、起きるかもしれない、
災害に対して、実際に災害が起きた時に、
少しでも、協力できる事があるなら、協力していこうと
言う、活動を実際に行っていると言う話の流れから、

「川崎市の事件」があったから、
私も色々考えているんですよ。。。
みたいな話をしたんです。

私のショップ兼、事務所のある場所は、
近くの小学校の子供たちの通学路になっているので、

もし、子供達が、通学途中で、何かあったら、
駆け込んで来れるような場所にしたいな。。。
みたいな事を思っていたので、
そんな話をしていたら、
社長さんも、すぐに、
「それ、いいですよね!」って話になり、

知り合いの町議会議員さんに連絡したら、
すぐに、来てくれて、
色々と内容の濃い話が出来ました。

最近は、不審者らしき人の目撃情報もあったりして、

そういう時に、
一時避難と言意味での場所を、

地域の店や、会社などが、
提供して、それらを、学校に伝え、
学校から子供達に、あなたたちの通学路の途中には、

ここと、ここが、そういう事に協力してくれている
場所になっていますよ。
と伝えてもらえれば良いのでは。。。

こういう話をしていると、
必ず、

「川崎市の事件」のように、
刃物を持って暴れているような人が実際にいたら、

その時、本当に、助ける事が出来るのか?
自分の店が、駆け込んで来れる場所になっていても、
本当に助けてあげる事が出来るのか?
そんなに、簡単な事ではない。。。
みたいな事を思う人もいるのですが、

でも、それを言い出したら、
地域の一般の人達は、何も出来なくなってしまう
訳で、そういう事に完璧に対応出来る人だけが、

子供達の一時避難の場所を提供出来ると言う事に
なると、

じゃー、それが出来るのは、
警察官とかだけになってしまうし、
そうなれば、
常に警官がいる「交番」をもっと増やさなければ
いけないと言う事になってしまう。

確かに、子供たちの安全を守ると言う事を言う以上は、
そうなった時には、きちっと対応が出来ると言う
「覚悟」を持っていなければいけないと思うのですが、

最初から、
ハードルを上げてしまう事で、
一般の人達は、何も協力出来なくなってしまうと
思うのです。

そういう事ではなくて、
子供達が
「ちょっと変な人がぁ。。。」って不安になった時に、
自宅まではまだ距離がある。でも、その途中の
すぐの所に、助けてくれる場所があって、
いつでも、気軽に立ち寄れる場所がある。
とりあえず、そこに立ち寄ろう!と
思える場所。

下校途中に、少し気分が悪くなってしまった時、
ちょっと、休憩できるくらいの場所。。。

それくらいの事だったら、

地域にある、店や、会社であれば、
そこには、常に、誰かがいる訳だし、

一旦、そこに、避難したり、休憩したり
すれば、

その子供たちの自宅に、連絡してあげたり、
迎えに来てもらったり、
連絡が取れるまでの間の一時保護だったりって

一般の人でも出来ると思うのです。

とんでもない、事件が起きた時に、
ちゃんと対応出来る自信や、覚悟が
ないから、
そういう事に協力出来ない。
と言う事ではなくて、

こういう事くらいだったら、
協力出来ますよ。って事を
まずは、やっていく事が大切だと思うのです。

そういう事が、広がる事で、
安心が生まれると思うし、
それが、地域に定着していけば、

変な事を考える「変質者」的な者への
「抑止力」にもなっていくと思うのです。

そういう事に、街全体が取り組んでいると
言う事が大切だと思うのです。。。

ホント、ちょっとした事から、始める事が
大切だし、
今すぐにでも、始める事が出来る事もあると
思いますね。

自分の店や、会社がある地域に、
きちっと、貢献していく事は大切な事だと思います。

安全で安心して、過ごせる街にしていきたいと思います。
【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 11:23| 独り言