2019年03月07日

サーフトリップ

私が初めて
「サーフトリップ」に行ったのは、
いつだっただろうか?

高校生の時に、当時通っていた
ショップのオーナーに、
確か、千葉に連れて行ってもらったのが
最初のサーフトリップだったような。。。

でも、
この時は、サーフトリップと言うよりも、
ただ、連れて行ってもらったと言うだけ。

その後も、
ショップのオーナーに冬の日本海などに
連れて行ってもらった事はあったが、
それも、やっぱり、
連れて行ってもらったと言う感じで、

自分で何かをした訳ではなく、
ただ、車に乗っているだけで、
ポイントに着いて、そのポイントでサーフィンして、
ここで、飯でも食べるかと言われれば、そこで、
飯を食べてと言う感じの、
完全に人任せ状態のトリップだったような。。。

日本国内で、自分から動いて、
本当の意味でのサーフトリップはと言うと、

私の記憶では、
あの御前崎ローカルの大先輩の「Yちゃん」と一緒に
行ったのが最初かもしれない。。。

たまたま、バイト先で知り合った「Yちゃん」だったのですが、
休憩中に共通の知り合いの話から、
サーフィンの話になり、
一気に意気投合。。。

初めて知り合ってから、すぐに、
「サーフトリップ」に行こう!なんて話に
なったんだと思う。。。

当時は、貧乏人だった、私も、「Yちゃん」も、
節約のために、全て「下道」を使って行こう!
と言う事になり、

静岡から、向かった目的地は「茨城」。。。

当時は、カーナビなんてなかったから、
地図を見ながらの旅。。。

「Yちゃん」の愛車にサーフボード、ウエットスーツを
積み込んで出発。。。

当時の「Yちゃん」の愛車は、確か、
「タウンエース」だったと思う。。。

img_3.jpg


しかも、この車、当時は、そんなに
珍しくもなっかた
「マニュアル車」しかも、「コラム式」の。。。

この車で、下道を使って、
「静岡」〜「茨城」までのサーフトリップって、

いくら、貧乏人だからと言っても、
なかなかのハードな旅。。。
しかも、「日帰り」。。。

夜、出発して、ひたすら走り続けて、
翌朝、茨城に到着して、サーフィンして、
昼飯を食べて、2RD目のサーフィン。。。

そして、
またまた、下道で、静岡に戻ると言う、
何とも、過酷な旅だったような気がする。。。

今、考えれば、よく、そんな事をしたもんだと思う。

たぶん、
行き帰りの下道の道中の思い出が強過ぎて、

その時の、波がどうだったのか?
どこのポイントで、どんなコンデションで
サーフィンをしたのか?
って記憶があまりないのです。。。

ただ、
今でも、「Yちゃん」と会うと、

あの時のサーフトリップは最高だった!
と言う事で、話はまとまるのです。。。

やっぱり、
サーフトリップって、

楽しいし、そこには必ず
「物語」があるんだと思いますね。。。

もちろん、
波のコンデションが良ければそれに
こした事はないのですが、
それよりも、
移動中に車の中で話す会話だったり、
過ごす時間って、
凄く貴重な時間だと思う。。。

その
サーフトリップに行った、
そのメンバーでしか分からない特別な
思いというか、価値観みたいなものが
生まれるのだと思う。。。

友達とかと言うものを越えた
「相棒」的な関係が出来るのかもしれませんね。。。

少し前に、「Yちゃん」
とその時の話になったのですが、
やっぱり、
今でも、その時の話になると、
話は尽きないのです。。。

最高の思い出です。。。

私にとってのベストなサーフトリップだったと
思います。。。

カーナビも、携帯も、何もなかった時の
サーフトリップだったからこそ、
たぶん、二度と、味わう事の出来ない
サーフトリップだと思います。。。

また、
旅に出たくなりますね。。。
posted by タンジェント at 11:07| SURF