2018年09月02日

ボランティア

先日、
TVで、
2020東京オリンピックの事をやっていて、

その中で、

「ボランティアスタッフ」の話題になっていた。

東京オリンピックでは、

「約11万人」のボランティアスタッフが必要
なんだとか。。。

その中で、大学生のボランティアスタッフに
期待しているようで、

全国の大学で説明会なんかをやっているらしい。

説明会に参加して、
東京オリンピックにボランティアスタッフとして
参加してみたい。。。
と言う学生が出ていたんですが、

インタビューで、
ボランティアスタッフとして参加してみたいけど、
「待遇」があんまり良くないので、
参加するか?どうかは分からない。。。
と言っていた。。。

ボランティアで参加するのに、
「待遇」。。。?

基本的に、
ボランティアって
「見返りを求めない」と言うのが基本なのでは。

あの、一躍有名人になった、

「尾畠さん」

wst1808170036-p1.jpg



「尾畠さん」は、
何も求めないのが真のボランティアだと思う。
と言っている。

東京オリンピックのボランティアスタッフと、

尾畠さんの活動しているようなボランティアとは、
そもそも、
全く違う種類のボランティアだと言う事は
分かるが、

ただ、
「ボランティア」と言う以上、

「何かを求めない」と言う気持ちを少しでも、
心のどこかに持っていなければ、

「ボランティア」とは言えないような気がする。

それを、
最初から、
「待遇」の事だったりを気にするって、
ちょっと違うんじゃないかな。。。って思ってしまった。

実際に、
東京オリンピックでのボランティアスタッフには、

宿泊先から現場までの交通費や、食事代みたいな事で、
1日2000円ちょっとが出るらしい。。。
それでも、

その条件じゃちょっとね〜。。。とか、

ボランティアスタッフとして参加するには、

1日何時間以上。。。とか、
何日以上などの
条件があるらしいのですが、

拘束時間が長すぎるとか、
参加しなければいけない日数が決まっているのは
ちょっとね〜。
みたいな事を言っている人もいた。

もはや、ボランティアとして、
捉えていないんじゃないかな。。。って
思ってしまったりもするのは
私だけでしょうか。。。

バイトの条件じゃないんだから。。。
思う。。。

そもそも、そういう事を言う人達が、
ボランティアスタッフとして参加して、

運営は大丈夫なのか?って思う。

ボランティアの神様

スーパーボランティア

と呼ばれる「尾畠さん」のような
気持ちで!
とは言わないまでも、

「ボランティア」と名のつく以上、
少しくらいは尾畠さんのような気持が
ないとダメなんじゃないの。。。
って私は思う。

尾畠さんは、行方不明になった子供
見つけた時も、
その家の人から、一切のお礼を断っている。

お茶でも。。。と言うのさえ断っているし、
その辺の事を徹底しているようである。

本当に、凄い人だと思う。。。

それに
比べて、なんだかあぁ〜。。。って思う
インタビューに答える大学生だったので。。。

私には、
ボランティア精神と言うか、「器」の大きさが
ないので、
真のボランティアは無理のような気がする。
 
ボランティア活動をする事って、
やっぱり、
人としての「器」や、人間性みたいな
事が大切な事なんじゃないか。。。って思う。。。

ある意味、
「修行僧」のような。。。

そんな事も含まれる事に対して、
それをちゃんと理解して、対応出来る

大学生がどれくらいいるんだろうか?

と思う。。。
【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 10:56| 独り言