2018年07月29日

コング

我こそは
「ベテランサーファー」だ!
と言うサーファーであれば、

必ず知っているサーファーの一人。

「コング」の愛称で知られた
「ゲイリー”コング”エルカートン」

37578820_1953684828016733_3069598630936576000_n.jpg


「コング」が全盛期の頃は、

「トムカレン」「トムキャロル」
が偉大で人気者過ぎたので、
少し陰に隠れてしまっていた感じはするが、

コングのパワーサーフィンのファンは少なく
無かったと思う。

コングが全盛期の頃、
私の地元にもコングは来た事があって、

後から聞いた話では、

私の地元のサーフショップが
コングをサポートしていたとか。。。

今、考えれば凄い事だ。

コングは、今、何歳になったのだろう。
50歳くらいかな。。。

今も、バリバリの現役らしい。。。

今は、
「マウントウッジ」のサーフボードに
乗っているですね。。。

このサーフボードブランド、
実は、私も、一度乗った事があって、

豪州に住んでいた頃に、
最初に、豪州で買ったサーフボードが
マウントウッジのサーフボードでした。

当時は、
若手ナンバーワンと言われ、
将来のワールドチャンプになるだろうと
言われていた
「ニッキー・ウッド」が
乗っていたサーフボードとしても、
知られていて、
人気のサーフボードだった。

「ニッキー・ウッド」は、
いつの間にか、
一戦からは消えてしまっていて、

今は、どうしているのだろうか?

「コング」のサーフィンは、

昔は、ライバルの
「トムカレン」と比べられる事が多く、

「トムカレン」のスタイリッシュでスムーズな
「格好良い!」サーフィンに対して、

「コング」のパワーサーフィンは、
格好良いという表現よりも、

「凄い」と言う表現がぴったりの
サーフィンだったと思う。

見た目も、「トムカレン」の格好良さとは違い、

「ザ・ワイルド」と言った感じのコングで、

全てが対照的だったと思う。。。

なんか、
昔のトップサーファーは、みんなが、
自分だけのスタイルがあって、

本当に個性的で、それは、
見た目も、サーフィンも、
自分だけのオリジナルを持っていた感じで、

全てが格好良かった気がする。。。




今、こうして、
改めて、見てみると、

凄い、古さみたいなものは感じるが、

古き良き時代。。。
って感じもする。

昔は、
「丸井」が冠スポンサーで、
新島や、部原などで、

世界ツアーの試合をやっていたんですもんね。。。

バブリーだった時ですね。。。

今のように、
簡単に、映像を見る事も出来なくて、

同じビデオを何度も繰り返し見た記憶が
ありますね。

見ているがギャラリーも
バブリーな感じがしますね。。。

昔は良かったなぁ〜。
などと言うつもりは全くないですが、

でも、
この頃は、自分も高校生くらいで、
本当に、楽しくて、仕方なかった時ですね。。。
その時代がヒーローが
まだまだ、現役バリバリでサーフィンしているの
って本当に、格好良いと思いますね。。。

やっぱり、
目指すところは、

ここだよね!
って思います。。。

生涯現役で張り切っていきましょう!!!
posted by タンジェント at 11:39| SURF