2018年06月27日

私にとっての

「M」の存在。。。

大親友である「M」





小学校からの
付き合いで、

今も、昔と変わらぬ付き合い
「M」に、

私は
精一杯の愛情と親しみを込めて

「バカ」と付けて

「M」の事を呼んでいるのですが、

私が何を言っても、
笑ってくれる「M」は、

たぶん、
前世では、私の母親だったんじゃないかと
思うくらいである。。。

先日の

バカ4人組の
飲み会の時も、

もし、
俺が死んだ時は、

お前が
弔辞を読むんだろうな。。。
と言う話をしても、

その時も、
俺は、大泣きしちゃって、
読めない。。。などと、

大真面目に応えてくれる。。。

お前は
相変わらずバカだ!と
私がいくら言っても、

笑っている。。。

何故?どうして?
こんな関係、こんな付き合いが出来るのか?
って事は分からないのですが、

「M」との
人間関係や、付き合い方に


たぶん、
理由なんていらないんだと思う。。。

相手がどう思うか?

こんな事を言ったら。。。
相手がどんな気持ちになるか?
なんて事を考えなくても、

普通に、付き合える相手なんだと思う。。。

これからも、
私なりの
精一杯の愛情を持って、
付き合っていきたいと思いますね。。。
【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 11:25| 独り言