2018年06月10日

ブラジル

昨日、終了した、

CTツアーの「ウルワツ大会」。

元々、豪州「マーガレットリバー」で行われる
コンテストが、

「サメ」が出た!と言う事で、
途中でキャンセルになり、

その続きを
「インドネシア・バリ島」の
ウルワツで、開催。。。

このコンテストが終わって、

ランキングトップは、

「ジュリアン君」ですが、
そのあとには、

ブラジリアンが
4人が迫ってきている。。。

このところの
ブラジリアン選手の活躍と勢いは、

ハンパではない。。。

今や、
CTツアーは、
ブラジリアンサーファーを中心に
回っていると言っても
過言ではないような感じさえする。。。

img_f1909474338c37761d34230ecd37cd88303340.jpg


QSツアーの方だって、

次から次へと、
新人ブラジリアンサーファーが控えている感じで、

ベテラン、中堅、新人と、
トップサーファーの「層」がとにかく
厚い感じ。。。

サーフィン王国になりつつあると言うか、
もう、なっているような感じさえするのです。。。

ブラジルと言えば
「サッカー」って感じなのですが、

ブラジリアンって、

プロスポーツを
職業とする場合、

気合いの入り方が違うと言うか、

プロで生活していくための
気持ちの強さが桁違いなんだと思います。。。

勝つか負けるか、あとは、
どれだけ
勝ちたい!と
言う気持ちがあるか?

みたいな勝負になった時には、
やっぱり、

生まれてから、育ってきた環境が
影響するのだと思うが、

そういう時には、

ブラジリアンの強さは
レベルが違うような気がする。。。

ミックさんが引退を決めて、
最後の大会になる

「ベルズビーチ」の大会の時だって、

ミックさんがファイナルまで勝ち上がり、

決勝戦はブラジリアンサーファー
(誰だったかな?)

ほとんどの人が、

ミックさんの最後の試合を優勝で
決めて、しかも、
ミックさんの長年のスポンサーである
「リップカール社」の地元で、

完全に
ミックさんが優勝する雰囲気だったし、

多くの人がそれを期待していた事は
確かだと思う。。。

でもね、
相手のブラジリアンは、

「そんなのかんけーねぇー」って感じで
勝ってしまった。。。

ほんと、
えぇ???勝っちゃったよ。。。
って感じ。。。

もちろん、
プロの試合なので、当たり前の事なんですが、

やっぱり、
それがきちっと出来る事が
プロなんだと思うし、

それが出来るのが
ブラジリアンのような気がします。。。

これから始まる
サッカーW杯だって、
ブラジルは、優勝候補だし、

予選でリーグ敗退なんて事になったら、

暴動だっておこりかねないと言われている。。。

そういう状況の中に常にたたされて、

代表選手になっている人達なのだから、

やっぱり、
「覚悟」みたいな事が違うんだろうな。。。
って思う。。。

そんな

ブラジリアンな感じと、

ジャパニーズな感じを比べてしまうと、

「???」って感じになってしまいますね。。。

どっちが良い、悪いとかじゃなくて、

勝負のせかいで、
勝つか、負けるかと言う事だけを考えると、

「うぅぅぅ〜〜〜ん。。。。。」ってなって
しまいますね。。。
【独り言の最新記事】
posted by タンジェント at 11:02| 独り言