2018年04月16日

ボクサー

昨日の
「村田諒太選手」
の試合、
格好良かったですね〜。。。

spo1705150033-p1.jpg


「ボクサー」って
憧れますよね。。。

「ボクサー」の格好良さって、

スポーツ選手の中では
飛びぬけた格好良さがあると思います。

「パンチ」だけで、戦って、

倒すか、倒されるか?
の世界。。。

そりゃー、
過酷な事だと思います。

それが、
プロボクサーになれば、

それが仕事なんですから

数ある職業の中でも、最も、過酷な
仕事だと思います。。。

世界チャンピオンになれば
そりゃー、憧れるし、格好良いに決まってるんですが、

勝てば天国負ければ地獄
って
正に、
ボクシングの世界の事のように思います。

ボクシングの試合ほど
冷酷なものってないような気がします。

KO勝ちした選手は、
リングの上でチャンピオンベルトを
腰に巻き、表彰されているのに、
そのすぐ横では、
泡を吹いてぶっ倒れちゃってる
相手の選手がいるという、

何とも、容赦ない世界。。。

勝った選手だけが、
過酷な練習をしたきた訳ではなく、
相手の選手だって、
同じように、過酷な練習をしてきている訳で、

でも、それでも、
勝者と敗者の「差」
は、天国と地獄。。。

だから、たぶん、
そういう事だから、

観ている方は、興奮するし、

ボクサーに憧れるのかもしれませんね。。。

hitokoto-130825-01.jpg


つくずく、
ボクサーって
格好良い!って思います。。。

その
階級の世界チャンピオンになって、

世界タイトルマッチで防衛していって、

世界チャンピオンであり続ける事って
どれほど、気持ち良いものなのでしょうか?

どれほどのプレッシャーがあるのでしょうか?

憧れます。。。

まぁ〜、
私のような

「チキン野郎」は到底無理な事で、
想像すら出来ない事なのですが、

ボクサーに
見習うべき事は多いですね。。。

プロボクサーのような
気持ちがあれば、何でも出来るんじゃないか。。。
って
思ったりもしますが。。。

村田選手のいる
「ミドル級」と言う階級は、

世界でも
選手層の厚い階級みたいで、
激戦の階級のようなので、

村田選手には是非とも

この階級の世界チャンピオンであり続けて
欲しいと思います。

こんな私ではありますが、

少しでも、村田選手を見習って、

今夜からの
営業の旅、第二弾を

気合いを入れて、出発したいと思います。。。

頑張れ村田選手!

頑張れTNJ!
と言う事で。。。

また、
旅先から、このコーナーを更新出来るように、

張り切って出発します。。。
posted by タンジェント at 12:10| 独り言