2016年04月17日

パンチ

今や、
チームNBC
の中でもすっかり
リーダー的な存在である

「パンチ君」。

1460872276540.jpg


彼とは、もうどれくらいの付き合いに
なるだろうか?

彼とは、

NBCと言うブレンドを手掛ける
私と、チームライダーと言う
関係ではあるが、

単にそれだけではない
関係の付き合いのような
気がする。

サーファーとして、
そして、良き理解者、
相談相手として、

今や、
NBCにはなくてはならない存在である。

もしかしたら、
私以上に
NBCにこだわりを持っているかもしれないと
思うほど、

NBC愛
みたいなものを持っている男である。

本来あるべき、
メーカーと、
メーカーからサポートを受ける立場の
チームライダーの関係は、

私とパンチ君のような関係でなければ
いけないと思う。

でも、
サポートする側とサポートをされる側の
関係が長くなると

本来、あるべき関係が
崩れてしまったりする。

サポートをする側は、
サポートする事の意味を
しっかり伝えなければいけないし、

サポートを受ける側は
サポートを受ける意味をしっかりと
理解しなければいけない。

ただ、ものを与えて、
ただ与えられたものを着る

と言うだけになってしまっては

何の意味もないと思うのだ。

実際に、
サポートをする側、される側との
関係が
本当に素晴らしい関係が出来ている
人達は少ないと思う。

一つのブランドに対しての

「思い入れ」
みたいなもの

レベルが
サポートする側と、される側で
「差」があってはいけないと思うのだ。

両者が同じくらいのレベルで
そのブランドに対しての
「思い入れ」
がなければ

両者が良い関係だとは言えないと思う。

そんな事を思うと、

NBCとパンチ君は長年、
本当に良い関係が作れているような
気がする。

NBCがこうした
チームライダー達によって
支えられている事は間違いないだろう。。。

私も、こうした
チームNBCのみんなに
恥ずかしくないような
ブランドとして、
これからも、日々、努力をしていかなければ
いけないと思う。

NBCと言うブランドに
誇りを持って、熱くいこうと思う。。。
posted by タンジェント at 15:18| 仕事