2016年01月25日

大相撲

本日は、
何をおいても
この話題。

「大相撲」
1月場所。

優勝は

「琴奨菊」
96958A9E9381969AE0E69AE1E18DE0E6E2E3E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9648506024012016I00001-PN1-2.jpg


日本出身の力士が
優勝するのは
10年ぶりだそうだ。

今では、
外国人力士は当たり前で

横綱の二人は
「モンゴル」出身。

番付上位にも

外国人力士が沢山いて、
珍しくないどころか、
当たり前になっている。

日本出身の力士が
10年もの間
優勝をしていなかったと言う事も
気が付かないほど

今や、外国人力士が
日本の大相撲界の中心になってしまっている。

もちろん、
昔から
外国人力士はいたし、

外国人力士を否定するつもりは
全くないが、

外国人力士がいる中で、

やっぱり、
日本人力士に頑張ってもらいたい!
と言う気持ちは私だけではないと思う。

ae78d_929_spnldpc-20160120-0129-0.jpg


大相撲は
日本の国技なのです。

優勝した
「琴奨菊」
の昨日の優勝した所をTVで見て
いたのですが、

「琴奨菊」にとっては
初優勝と言う事もあったし、

10年ぶりの日本出身力士の優勝と
言う事もあり、

やっぱり、
盛り上がり方が違う。

そして、
なんと言っても、
優勝した時の

「振る舞い」や、
優勝インタビューなど、

日本人の力士らしい

振る舞い、受け答えがあるように
思える。

spf1109280957003-p2.jpg


外国人力士
が優勝した時の
振る舞いが悪いのではなく、

日本人にしか分からない、
日本人力士の
振る舞い
みたいなものがあって、

日本人としては、

大相撲には

「それ」

を求めてしまうようなところがある。

元々、
大相撲は

「神様」への奉納
みたいな
「宗教的」な部分があったりするし、
歴史がる。。。

大相撲は
娯楽、
スポーツ
としてはもちろん、

日本の象徴みたいな
事もあるのだと思う。

大相撲の本当の
「意味」
みたいなものは
やっぱり、
100%理解出来るのは
日本人しかいないような気がする。

特に、

本場所での
優勝や、

「横綱」と言う番付

意味は
本当に重い。。。

相撲の番付、最高位は、

「大関」で、

「横綱」は

神の領域
だと
解釈している人もいる。

だから、
大関までの番付は

負け越しが続いたりすれば
番付は下がる事があるが

「横綱」
と言う番付は
いくら
負け越しが続こうが
番付が下がる事はない。

一旦、横綱になれば、
常に
「強い」存在でいなければいけないし、

弱くなってしまった時は、
番付が下がるのではなく、
「引退」の
選択しかなくなってしまうのが

「横綱」
という存在なのだ。

「神」の領域にいるのが
「横綱」であると言う事が

そういう事なのである。。。

こういう事って、
やっぱり、
日本の歴史や、文化が大きく関わっている
と思う。
だから、
古くから伝わってきている

「日本人の血」

みたいなものがあってこそ、

本当の意味が分かると言うか、

何かを言われて
頭で考えたりするのではなく、

自然に感じると言う事が
大きいと思う。。。

以前に比べて、

大相撲の人気がなくなってきている
ようだが、

日本の儀式的な
要素も大相撲の中には存在しているし、

日本の
「美学」みたいな事もある。

そこには、
日本人にしか分からない
「何か」がきっとあって、

世界の他の国も

その国の人にしか
分からない
「何か」って色々とあるはずだ。

だから、
そういう事を大切にすると言う意味でも、

大相撲は大切だと思うし、
大切にしていきたいと思う。

大相撲は日本の
「国技」
なのですから。。。

近いうちに

日本人「横綱」。

強い日本人横綱
が誕生する事を願う。。。
【PEOPLEの最新記事】
posted by タンジェント at 13:54| PEOPLE