2015年03月26日

色々

本日も
「ド・フラット」
のようです。

今日の天気は完全に
「春」

っと言う事で、
今週末からは、
地元「吉田公園」
でチューリップ祭りが開催される。
11070097_1062678420414046_3438816543888047673_n.jpg

「吉田公園」は広い敷地で
休日になれば多くの人たちで賑わう
スポット。

広い敷地は散歩コースにもなっていて、
のんびり1周歩けば1時間以上かかると
思う。

テーマごとに色々と別れていて、
思いっきり自然が楽しめる場所でもある。

週末は天気も良く、
暖かさそうなので、弁当でも持ってお出かけ
してみてはどうだろう。
色々なイベントも企画されているようなので、
是非「吉田公園」へ!
そして、
「吉田公園」から車で10分くらいの
「タンジェント」へもどうぞ!

「吉田公園・チューリップ祭り」
からの
「タンジェント」
は今週末の
「テッパンコース」だ!

先日、放送があった
「たけしのスポーツ大賞」。
この番組の最初のコーナーで、
「ボルト君との対決」。

「タンジェント」がとても親交の深い
「吉田アスリートクラブ(吉田AC)」
所属の選手が出演!
012_2.jpg

「吉田AC」
は「タンジェント」がオープンして
すぐに、陸上の楽しさを伝えたい!
と言う事で、
「田村夫婦」によって設立された
「陸上クラブ」で、最初は少数でスタートした
クラブだったのですが、
今や、100名に届きそうな勢いのクラブになっている。

クラブが立ち上がってすぐに、以前から親交のあった
「田村氏」から、
チームのオリジナルウエアーの依頼があり、
この時に、オリジナルウエアーの
デザインの話はもちろん、将来の「夢」
なんかも話をしながら、私がアレコレと提案
しながら、オリジナルウエアーが出来上がった。

その時に、
当時
「ボルト選手」が100Mで世界新記録
「9秒58」をマークした事もあって、
この「ワールドレコード」をデザインに
取り入れてみてはどうか?と提案して
出来上がったオリジナルウエアーが
今でも「吉田AC」のみんなに愛されている。

このオリジナルウエアーが
番組でもバッチリ映って、
それを見た時には、
とても感動しましたね。

単に、オリジナルウエアーを依頼され、
それを提供したと言う事だけではなく、
一緒に成長しているのだと思うと、
「吉田AC」が凄く、身近な存在に感じられ、
自分の手がけたウエアーがTVで放送された
事に感動しますね。

同時に、「吉田AC」に負けないように、
そして、
恥じないように、自分も頑張っていかなければ!
と思います。

そしてそして、
話は変わって、
「タンジェント」一押しの「STANCE」のソックス。
このコーナーでも度々紹介しているこのブランド。
ソックスだけを展開するブランドなのですが、
1年間に4回新モデルが発表される。
しかも、発表されてから、
6ヶ月先の入荷分の商品を注文しなければいけない
と言うスタイル。
毎回、アレコレと悩みながら仕入れする商品を
チョイスするのですが、注文してから商品が入荷
するまでには6ヶ月かかるので、
どの商品を注文したのか?
を忘れてしまう事もあるのです。
よって、
あれ?こんなの注文したっけ?
と言うモデルも入荷してくる事があるのですが、
先日、入荷してきた商品の中にも
あれ?コレ、注文したっけ?
と言うモデルがあって、
それがコレ。
11008384_790662234345072_2432754209871094367_n.jpg

3足1組
になっていて、3足全て、デザインはバラバラ。
特徴的なデザインが多い「STANCE」のソックスの
中でも最も特徴的なモデルである。

かなりの「スタンス」ファンのお客さんにも
このモデルを勧めてはみたのですが、
いつ?どんなシーンで履いたら良いか?
がなかなか見えてこない。
と言う感じ。

そんな、このモデルが、
先日、ある男の手に落ちた。

3つの中の一つのデザインは、
ピンクのシャツにネクタイをつけた男がプリントされている
のだが、その男がつけているネクタイと同じデザインを
TシャツにプリントしてオリジナルTシャツを作って欲しい!
との依頼が同時にあったのだ。

このソックスを履いて、このデザインのTシャツを着たい!
というイメージ。。。

少し前に、「タンジェント」で
「STANCE」に出会い、一気に
「スタンス」ファンになった男だ。

そして、着るものに対してもかなり
こだわりのある男で、自分の着るものは
全て、自分だけのオリジナルで揃えようと
している。

そんな男だからこそ、
この「スタンス」に
「一目惚れ」したのだ。

頭でアレコレ考えるのではなく、
「感じる」事を大切にしている
男「Yちゃん」。

きっとのこのデザインに何かを
「感じた」
に違いない。。。

これからも多くのお客さんに
「感じる」ものを
提案していきたいと思う。
「タンジェント」である。
posted by タンジェント at 11:10| 色々